人生の歴史。背景をみる。親友を売った男の話と、みんなのクラブハウスの話。

前話: もがいて、もがいて、もがいて。【Spoonワールド】
次話: 夜に駆ける。YOASOBIの小説の数ページで目を見開くだろう。

 ❶  【俺、賄賂貰ったんだ。あいつ、賄賂を俺にくれたんだよ】


 といって、村の議員の親友を売り
  【そーかそーか。貰った方も捕まるんだ。このまま留置所に入っていけ】と
  捕まった男がいます。

  もちろん、議員さんも捕まり、2人とも捕まりました。
  【共犯は同罪】だということ。

 相手を売ろうとしたときに【自分もしてないのか】と思わないと
  【相手の足を引っ張るつもりが自身の自滅】になりかねない。

  悪いこと、というのは

 【ツケが回る】ように出来ている。

 必ず己に降りかかる。

  その時、良くても

 難を振り切れた、と思っても
【因果の法則から誰も逃れられない】

【人を大切にしていないと、己の足を引っ張られる】ということ。


  そして【引っ張るもの】にも
【そういうことをしてしまう背景】がある。

  その男は
【結婚しても子どもに恵まれず、だからもちろん孫にも恵まれず
   仕事も大変だった】

 彼からみた【村の議員はたくさんの人に愛されていて、子どももいて孫にも慕われていて】羨ましかっただろう。


 そんな【村の議員】も

 両親ともに小学生のときに
病気などでなくして
  苦労して、【村の議員】まで登りつめている、のに

  【成功した一部分だけをみて羨ましがるのはナンセンス】だということ

  どんな人も
【努力をしているところがある】

  【苦労したところがある】

✂︎--------------㋖㋷㋣㋷線--------------✂︎
❷クラブハウスで聴いた
【みんなのクラブハウス】
電通のロサンゼルス元社長さん
【Hideo Hoshiba様】の話も

苦労話をひとつひとつ
語っていた。

 どんな凄い影響力あるひとでも
地位のあるひとでも

【人生という歴史】がある。


貴方にも、もちろん、あるのだと。



#Storys.jp
#みんなのクラブハウス
#Clubhouse
#人生の背景
#一部分
#Storysことねぇ
  

続きのストーリーはこちら!

夜に駆ける。YOASOBIの小説の数ページで目を見開くだろう。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。