夜に駆ける。YOASOBIの小説の数ページで目を見開くだろう。

前話: 人生の歴史。背景をみる。親友を売った男の話と、みんなのクラブハウスの話。
次話: 炊飯ジャーの保温機能のような女

  営業の仕事をして地区をまわるとき

お昼を自宅に戻って食べるか
外食するかで悩む。

  そんなときショッピングセンターの
軽食ランチのあと
 数分だけ【本屋】へ寄る。

 【YOASOBI】って
【歌】だよね
歌手、だよね
  手に取った【小説】の
【夜に駆ける】は、短編で

数ページしか、ない。

  歌詞、では、ない。

  その数ページに
  【目を見開いた】

えっ・・・。


  私も【親友から呼び出し】されて
これと同じような

  情景を思い出す

   ワタシ、ガ、シニタカッタ、ノカナ
ワタシガ


 ハッと、我に返る。
 情景が、似ているけど
   私の親友は、生きている。  
私も生きている。
   しかし
  このストーリーは
  【魅入られたら怖い】と思う


#タナトス
#死神
#神話
#YOASOBI
#小説
#文庫

続きのストーリーはこちら!

炊飯ジャーの保温機能のような女

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。