Spoonリスナーへ金銀銅枠で破綻しないように。

前話: 【キャラクター】で赦される強さ。
次話: 黒歴史は墓場まで持って、いくべきだけど、口が軽い人は自滅していく話。

    【金銀銅枠】になるには

【ホストに貢ぐレベル】で投げないと行けない配信者とかいます。


 そして【投げたから】といって
【見返り】はないです。
  【推しは好きな同性と異性にしか依怙贔屓】しません。あ、語弊がある。
 推しにも依怙贔屓したいひと、できない人がいる、といいたい。うまい言い方がないものか。

  【投げた】からって
【依怙贔屓】するとは、限らない。ということ!

   中には【ちゃんと投げた金額ぶんのサービスする推し】もいます。

  だから

  【投げた課金アイテム】が

【配信に反映】しているならまだわかる
   
 もちろん好きにつかってくれていいけど

 あまり知りたくは、ないかな

   【お金の行方】


 【知らない方が幸せ】なこともある

 【裏方】していると

  【配信の裏側】を知ってしまうときがあって

  【声劇】も
【台本師として読み合わせに呼ばれたこともある】から


 ドラマとか映画化したら
【読み合わせ現場行くつもり】なので

  【Skypeグループやdiscordグループ通話】
嫌ってわけじゃないんだけど

   【聞き専】としての

【どんなものが出来上がってくるの?!】という
  【サプライズ感】も欲しい。

 【出版して作家になったら読み合わせ現場に行きます】が

  いまは【無名の台本師】

  【聞き専としての楽しみ】も
持っていたい。

  この願いを

皐月ちゃんの
【team皐月】は
受け入れてくれた。

  【如月家の憂鬱】

 【私の気持ち】を聴いてくれるし、尊重してくれる。それがめちゃくちゃ嬉しかった!


私の宝物。

 ずっとずっと

大切な作品です。


#推し
#如月家
#team皐月

 

続きのストーリーはこちら!

黒歴史は墓場まで持って、いくべきだけど、口が軽い人は自滅していく話。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。