コードギアス反逆のルルーシュR2 ルルーシュの最期。スザクとルルーシュ。

前話: 熱狂的なファンを【ヲタク】と人は呼ぶ。だから決して悪いことじゃない。ただ推しを追い詰めないこと、自身も追い詰めないことだという話
次話: 1-3歳児の子を持つ母親が安心して働ける環境を。ブラック企業、ブラック歯科医院がのさばらない社会を。ーペンは剣よりも強しー

 なぜ、いまこの話の感想文を書くのか・・・





いま、必要だからです。
私、時期読むの【天才】なので。なぜか【昔からタイミングだけ神】なんですよ

空気読めてないと思ってやるけど振り返ると凄い絶妙なタイミングで私は【記事を書く】

いまだ!って思うんです、唐突に。だから周囲は【は?なぜ今】ってタイミングで私から聞く、書いたものを見るはめになります。何十年も付き合った
【実の妹と弟】に言われます
【お姉ちゃん、タイミング謎。でもあとからみると、納得】




 【スザクとルルーシュの友情】
R2の【最終回】を見て欲しい。
 ネタバレになりますが。






 【ルルーシュは全世界の恨みを背負って死にます】
【平和な世界を作るために】


 


これ、最近同じような
デジャブがありました。
 


【進撃の巨人エレン・イェーガー】です。





 【意味のあるバットエンド】です。
作品は【ハッピーエンド】か
【意味のあるバットエンド】しか、読者に刺さらないことを覚えた方がいい。



だから【続編】が続いています。
なぜか?
【ファンは納得しないから】です。
それだけ【ルルーシュが愛されたキャラクター】なのです。

これは私たちヲタクの共通点です。
【私たちはキャラクターを通して作者を神格化し、崇め奉り、推し続けます】

 【作品に惚れ、キャラクターに惚れて推しにする】のです。

そして【推されなくなるのは、この逆です。作品にガッカリし、キャラクターを愛せなくなり、推せなくなる】のです。



ところがヲタクは
【作者を嫌いになる訳じゃなく作品にガッカリ】しているので
【新作が刺さればまた同じ作者を推し】ます。



【コードギアス反逆のルルーシュR2】は、成功したのです。
完全に【ルルーシュ】は【死して神】になった。
  ルルーシュが生き返ったストーリーは、ないのか、これはパラレルワールドで別のエンディングは用意されてないのか?



こうなったら【ヲタク】は、もう、【ルルーシュから離れられません】




そういう、私も
【ルルーシュに魅了され、抜けられない】
  待っている。

ルルーシュが【生きてハッピーエンドを迎えるストーリー】を。
【死なせない】【死なせたくない】
私の【推しキャラクター】を。


 作者が【ルルーシュを描き続ける】
ファンは、ずっと追い続ける。

だから【ヲタクは辞められない】
子どものように【ワクワク】するのだ。ドキドキするの、恋してるような、トキメキと、ルルーシュがみんなの幸せを願い死のうとまでして、【憎しみの連鎖を止めようとした】ことに【感動】する。




だから私も【刺し違える覚悟で注意することもある】
ルルーシュもそう。
誰がそんな役回りしたいと思うんだ。【愛しかない】よね
悪役や
ヴィランズの見方が変わるのよ
【ルルーシュ】をみると

【敵じゃないんだもん、最期、救世主】なんだから。





#コードギアス反逆のルルーシュR2
#最終回
#福山潤
#ルルーシュ
#スザク
#ことねぇ
#敵か味方かそれが問題だ

続きのストーリーはこちら!

1-3歳児の子を持つ母親が安心して働ける環境を。ブラック企業、ブラック歯科医院がのさばらない社会を。ーペンは剣よりも強しー

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。