ブラック歯科医院が無くならない理由。それは契約書に口外すべからず、とあるから。

前話: 拝啓、安田さち様。ファンレター 【超人見知りだけど人が大好き パパとママの居場所をつくる】
次話: 腹を括る。まな板の上の鯉。

   ブラック歯科医院ほど

【契約書】があって

【口外したら院内で得た情報漏らしたら訴えますよ】っていうね

契約書を書かされます。

 そして【良心的な院長先生】ほど
この【意味不明な契約書が存在しません】



 それね【強迫観念】植え付けられるよね

【患者の個人情報】や
【院内情報】漏洩しちゃいけないんだけど

【歯科衛生士ネットワーク】で【クチコミ回覧板】になって回るからさ

そういう【ブラック歯科医院】に
【認定】されると
【歯科衛生士】がなかなか来ません。

来るのは【業者経由】の
【時給高い、保証で守られるフリーランス歯科衛生士】くらいです。

ただ、その業者通してくる【フリーランス級の歯科衛生士】は
【ここマトモじゃない】と思ったら
【逃亡】しますね
私も実感していますが
【マトモな人ほど見切りが早い】
【恋愛も仕事もね】





ズルズルいくのは
【変わり者】なんです。
【恋愛も仕事】も。
私も変わり者なので、【うわーやばたにえん。逃げたい、でも学童と保育園あるし、仕事してないと退園だし、また次探すのめんどくさい】と

思ったらズルズル・・・しかもなんとなく仕事こなせちゃうからなぁ。


そしてその【変人】ともいわれる
【変わった院長】を私は【観察】して過ごすことにしています。

  【研究】だよ、もう
だって、【非常識を俺の常識だぁ!】って叫んでやる人達なんだもの。

しかも会社とちがって、研修医おわれば
【開業して一国の主】だから、もう誰も注意できない、不満があれば【おまえが辞めろ】ってなるからね、【クレイジー権力者】だもんね。


なんどか【それスタッフ辞めちゃうから辞めた方がいいですよ】と注意して私が辞めるよう追い込まれたり、ね。

あと薬剤間違えて子ども痛くてギャン泣きさせた院長に注意したら、そこから1ヶ月後にもう来なくていいよ、だよね。
    で、辞めたら、続々私と仲良い歯科衛生士みんな辞めたから【戻ってきて】と電話してくる。うーん。そんな院長先生もいましたね。いつか患者さんから訴えられたらいいと思います。





 給与振り込まないっていってきた院長には【タイムカード全部写メってますので、シフト表と、これ持って労基行きますね】って
留守電いれたら翌日全額plus‪α‬振り込まれていたこともあります。


そういう場数踏んだので
【デンタルナビ】のような歯科業者を通してしか仕事しなくなりました。

が、業者を通すと
【業者にお金払わないと全く歯科衛生士来ない】ブラックな【法人歯科医院】になります。

 個人の歯科医院さんだと
【交通が不便】とか
別の理由もあるかもしれないけど。

真っ当な【法人歯科医院】もある、と思うんだけど一回も当たったことはありません。ご了承ください。





#歯科衛生士
#歯科医院
#求人
#ブラック歯科医院と呼ばれないようお気をつけあそばせ

続きのストーリーはこちら!

腹を括る。まな板の上の鯉。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。