腹を括る。まな板の上の鯉。

前話: ブラック歯科医院が無くならない理由。それは契約書に口外すべからず、とあるから。
次話: 院長先生の地雷を踏んだらサヨウナラ 1話

  まな板の上の鯉だ。





 【腹を括る】

いろいろおもうところがあるけど、私はいままでも、怒鳴る院長、理不尽な院長、労基に駆け込ませる院長。

 インプラントクレーム、訴訟が起きたら歯科衛生士丸投げな院長。

コンパニオン代わりまでさせる院長。

書き出したらキリがない。でもその人たち個人を特定するようなことは、書けない。営業妨害とかいわれるのだろう。
よく辞めずに勤務してた。頑張ってた。その頃の私がいるから今がある。


だからといって
いまは、とりあえず
私としては、【クビ】になるまで行こうかな、と。別に進撃の巨人に食われるわけじゃない。

【死ぬ】わけじゃない。

まあ、なんとかなるかな。
いま【学童と保育園ダメになる方が怖い】ここをクリアにしてから形勢を立て直す!

逃げることも考えたけど、私、なにも悪くない。どっちかというと、院長が悪いとおもうから

ちゃんと内容理解して
【契約書】にハンコ押したはずなのよ、その場に私居なかったけど。業者を信じるしか無いけど。それなのに私になら、言えば払わずになんとかできると、思われたよね。

私以外も、業者通してない子は
【ギリギリ薄給】らしいしね。
こんなことされたら堪らない。
とりあえず、こちらに非がないから
あと【業者への紹介手数料】は、私には全く関係がない。

 支払わないし、そこで脅してくるなら
録音すればいいか。

【脅迫】だもんね、それ。


今までは、それでなんとかなってきたんだろうな。

関わらないのがいい院長なんだろう。
どうにかしたい、とかは、ないけど 
とりあえず私もやることやるかわりに、院長先生も契約書守っていただかないとね。

 【そのための業者】通して
働いてる。

 患者さんの悪口を患者さんがいるのに小声で言うし、院長。
だいぶ、人としても苦手です。

わたし、言わないけど書くんで。


#ことねぇ
#不正には事実を突きつけるだけ
#法的に突きつけるだけ
#歯科衛生士よ院長のパワハラに負けるな

続きのストーリーはこちら!

院長先生の地雷を踏んだらサヨウナラ 1話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。