誰にも言えない秘密の仕事を始めた19の秋

前話: その1年後、逃げるように東京へ行ったが…
次話: 自分が場面緘黙症だと分かったのは20

風俗という仕事



私は、それから毎月の家賃が払えなくなり、途方に暮れていました。

精神的に逃避癖があるのか、私は友人(元カレ)の家によく行ってました。
仕事もせず、ただ友人と遊ぶ日々。
不安をかきけすように、色々な夢を語り合いました。

それでもやっぱり、家賃からは逃れられず、払ってほしいと連絡がありました。

それから東京へ戻り、私は偶然ネットで目にしたのが、この仕事でした。

詳しく説明すると、制服のコスプレを着てホテルで男性とあれするお仕事です。
ホテヘルなので、本番までは禁止(法律上)ですが、途中まではします。
そのとき、誰にも秘密にしてたのですが、なんでも本音で喋っちゃう友人(元カレ)には、言葉の内容、雰囲気でバレてしまいました。(最終的には私が口をすべらせたってやつですw)

その友人は当時の彼氏ではないのですが、日々仕事やめてくれ、とか精神的にきつい、というメールが耐えなかったです。
正直、私もそんな冷たい人間にはなれず、その言葉に振り回され、仕事を休んでしまったことも多々ありました。


それでも、お金のために私は続けていました。
実は15、6くらいの時から、いつかこの仕事をしたいと夢見ていました。
しかし声がでないのは変わらず、お客さんとコミュニケーションはほぼ皆無でした。

人より性欲が強いのか、寂しがりやだからか、私はよく聞かれるのですが、こういう仕事に抵抗感は全くありません。

むしろ、生き甲斐や、達成感に満たされて、それでお金ももらえて、とても充実していました。

ちょっと生々しい話になりますが、お客さんがいけなかったり、最中でアラームが鳴って終わってしまったり、そういうときはちょっと残念だったりしましたが、それ以外は楽しかったです。

しかし、意思疎通ができないため、痛かったり(心身ともに)、すこしきつくても言えなかったりしました。
そのため、日々痛くなっていき、我慢の限界にきて私はその仕事をやめざるを得なくなりました。

きっと、その痛みがなかったら、いまでもやっていたでしょう。


また、途中風俗雑誌に載ったり、風俗雑誌の表紙になったりしたので、お客さんの勢いも増し、スケジュールもハードになり、お客さんも色々な方が増えて、雑誌に露出し出したからか、ある掲示板に書かれて、こいつは喋らない、もしかしたら日本人じゃないかも?とか、接客最悪だ、マグロだ、顔はいいけど性格最悪、と書かれたりしました。

そういった様々なことが重なり、私はこの仕事を続けられない、と思いました。
一人で抱えていました。





サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

自分が場面緘黙症だと分かったのは20

著者の池内 詩織さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。