自分の幸せの順番がくるまでやる。

前話: 公式妹に敗れ、去り際、引き際は美しく。選ばれなかったら綺麗な幕引きしてきたことねぇさんの話。
次話: Spoon広告 渋谷 公式配信者で検索してきたキミへ
  【自分の順番がくるから】っていって




どんなに失恋しても、振っても振られても
【顎をひいて凛々しく立ち上がり、前を進んだ】私の親友。




その子、高校時代からモテ女で。
見た目も【永作博美】に似てる。



自分から振ったとしても、振られたとしても
【この人じゃなかっただけ。きっとまた良い出会いがあるわ】と

一人で泣き腫らしたあとに
  私に会っている。

【待ってても来ないかもしれない。だから新しい恋も探すわ】といって
外にも出かけるし
【出会う場所】にも気をつける。



【同じ結末になるのは、選ぶ場所が間違えているのかも】と婚活パーティとか
合コンをやめて
  【社会人テニスサークル】と場所すらも変える。

 出逢う場所が変われば、出逢う人の質も変わる
※見事的中し、結婚に至り、いまは幸せに暮らしている。可愛い2人の娘もいる。





その子が
【私の恋愛のメンター】になった。


私は相手の【せい】にしたり
【自分の思い通りの結果じゃないと騒いでいた】けど

 その親友をみていて
【選ばれなかった事にも意味がある】のだと、思った。




きっと自分に会うひとに
【出逢う】と信じるしかない。

いまは、わからなくても・・・




その【時が来たら】きっと
【私が幸せになる瞬間】が




きっと・・・来ると。




#幸せ
#青い鳥
#Spoon
#幸せの順番
#幸せになるまでやる

続きのストーリーはこちら!

Spoon広告 渋谷 公式配信者で検索してきたキミへ

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。