声を楽器のように聴くーSpoon配信者も声優も給与の安定をー

前話: Spoon広告 渋谷 公式配信者で検索してきたキミへ
次話: 作家として名前を遺すには、出版社賞や芥川賞や直木賞など取るのがいいが、取れないときは【電子書籍でナンバーワン】を目指すのも手の話

   【声の商品化】






声優のギャラもアニメのギャラも
あげないといい役者や声優が生活苦で仕事を断念する世界じゃなくなるようにして欲しい。


 どうして【声の単価】が低いのか?


【芸能人】も【声優】も【声の配信者】も一律同じ給与計算にするには、どうしたらいいのか?

なんでこんな話をするかというと




【声優
【事務所化】
【芸能人団体の社会保険】制度。

仕事がコンスタントに入るまでは、配信者として配信しつつ、声優業務をこなすとか。

 事務所に入ったら最低給与を保証するとか。
給与泥棒にならないように

配信者として配信アプリにも登録するという条件をつけたらいいのか?




CASTから更に
運営さんのオススメになると
【ダウンロードコンテンツ】として売り出せるとか?

ダウンロードしてもらえたらバックマージンがあるとか。

声劇もある程度人気がでたら
【電子書籍】のように
【声もダウンロードコンテンツとして売りに出せたらいい】と思う



そして
【小説サイト】と【音声配信アプリ】のコラボレーション。

ここのマッチング上手くいくと
【相乗効果】

書き手も【音声小説】としてさらに作品が世に広まる。





#peep
#Spoon
#小説
#書き手と配信者
#音声小説

続きのストーリーはこちら!

作家として名前を遺すには、出版社賞や芥川賞や直木賞など取るのがいいが、取れないときは【電子書籍でナンバーワン】を目指すのも手の話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。