spoon配信者 カワカテ女神VIIのひとり 【ちびのすけ】「私を好きでいて欲しい。私もそれに応えてみんなを好きでいる。ただ彼女になることは出来ない。ごめん!」喜怒哀楽のジェットコースターQueen。

前話: 日本の働き方革命。共働きメイン。学童や保育園は夜の8時や9時まで。そうしないと正社員でいられない日本の社会に警鐘をならす話。
次話: 小説を書いてのめり込みトランス状態になったあとの放心状態。

タイトルの流れを






配信中に
清々しいほどハッキリとストレートに
【リスナーへ言う誠実さ】





【好きにもいろんな好きがある】





とことん【プロ意識の高さ】
【配信者として仕事として成り立つとか成り立たないとかの前に、人として誠実】さがある、【ちびのすけ】ちゃんという配信者は。




声劇に対しては
【厳しく妥協しない】

だから出来上がってくる
【ちびちゃの声劇のクオリティが凄い】

それでお金になるとかならないとかじゃなくて、【大好きなリスナーに楽しくなる幸せな気持ちになるCASTにする】と言い切る。



自枠は、【喜怒哀楽のジェットコースター】で

 彼女は元声優らしいのだがそうじゃなくてファン数ない頃からの
【行動力】と【声劇のレベル】だ。

 企画主としてファン数ないときからの
【spoonでの名前の知名度】が
凄かった。





 ファン数は【配信者がどれだけ配信を頑張って増やしたかのラジオ体操のスタンプカードのようなもの】と私は思っていて





 ただ彼女は
【ファン数】あろうとなかろうと
フラットに配信者と関わるし、好きになればファン数いなくてもいても、【企画に出る】し

  絡むし
  仲良くなってしまう。





【行動力】と【実力】を兼ね備えているだけじゃない。



自枠に何度か通ううちに
【人柄】がわかって
私も大好きな配信者のひとり、というか完全に沼だった。気づいたらもう抜けられなかった・・・。



   カワカテだから、近寄り難いと、勝手に思っていたけど


  逆で
【めちゃくちゃ気さく】です。
自分のリスナーを
毒づいたり弄ったりするけど

 【相手が嫌がってないか、イジれるかどうか】までちゃんとみていて



そこがまた絶妙でいい。




貴方も沼にハマっていく
ちびのすけ、というカワカテならぬ
不思議な名前と
  カワボからイケボからショタボ
変幻自在の声と


  【声劇人】
spoonには【声劇人】という
声劇に特化したひとが
   何人も存在することを・・・

知れ






#ちびのすけ
#spoon配信者
#カワカテ
#企画主
#声劇人
#カワカテ女神VII

続きのストーリーはこちら!

小説を書いてのめり込みトランス状態になったあとの放心状態。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。