私を助けたもの 予備校生活

1 / 3 ページ

前編: 私を助けたもの 音楽
後編: 私を助けたもの 大学一年生
高校生の頃,思いかけず,大学試験に落ちた。
今思えば,無謀だったのだが,私は自分の学力の6割くらいで合格できるところでもいいという気持ちで,ここなら必ず合格するという志望校を決めて,併願は一切しなかった。絶対間違いないと思った受験だった。信じられない,名前でも書き忘れたのではないかと思った。
予備校を決めるため行った,3月の誰もいない冷えた高校の廊下をよく覚えている。

今思えば恥ずかしい話だが,18歳の自分は,何もかも失ったような気持ちだった。ああ,どうにもならないこともあるんだなと初めて痛感した。段々季節が春に向かっていくと,自分だけ冬に置いてけぼりになったような気持ちになった。
大阪の予備校に行くことが決まり,親と来年の話になったとき,私は生活費はバイトでもして賄いたいと話した。別に,償いのような気持ちから起こったわけではなく,今から思えば自分のちっぽけな見栄からだった。初めての一人暮らしで,どうしたらいいかなんて全くわからなかった。
普段はおとなしい父親が声を荒げた。「ふざけるな!!」
「バイトなんかして,自分の勉強はどうするんだ!・・お金のことは心配するな,お前は一生懸命やれ」
手前味噌な話なのだが,お金のことは心配ないと言ってくれたことはとても有り難かった。でも,それ以上に,こんな情けない消えてしまいたいような自分のことを,この人たちはまだ信じてくれていることに,私はふるえて言葉も出なかった。情けない話だが,このとき初めて親を一人の人として心から尊敬し,感謝した。
引っ越しの荷物を積んだ車でもうすぐ廃線になるフェリーに乗って,甲板から生まれ住んだ町を見たとき,何だかもう故郷には戻らないような気がした。そうして私の予備校生活が始まった。

予備校

予備校生活は最初は慣れなかった。まだ落ちたショックは残っていたし,すぐに学習のペースに馴染めるわけもない。また,予備校生は学生だが,学生ではなかった。通学定期が作れないと知ったときは,少し驚いたし,自分の立場の危うさに怖くなった。
予備校にはいろんな学生がいた。
何年も医学部や難関校を受験している人,大学生なのに違う進学先を目指す仮面浪人,社会人になったけど学歴が欲しくて学生に戻った人。途中で遊びに溺れて退学になった人や,思いがけず妊娠してしまい実家に帰る人もいた。
高校の時には,全く出会わなかった人たちに触れて,私は危うさと同時に,不思議な自由さを感じていた。ただ大学に行けばいいとだけ考えていた高校生のころと,気持ちは変わっていった。自分で考え,選び,そのリスクと責任を取る。それが大切なことだと思うようになった。

みんなの読んで良かった!