【まえがき】『23歳、現役大学生・社長兼デザイナー』が歩んだ、自分に正直すぎる人生。

まえがき


うおー・・・。
なんか、こういうの自分が書くと思わなかった。。。
初めまして。小林晴彦と申します。
HALU”と親しみを込めて呼んで頂けると嬉しいです。
※ナルシストではありません。ただの勘違い野郎です。
まず、このストーリーを読んでくださる皆様に心から感謝申し上げます。

『23歳、現役大学生・社長兼デザイナー』

なにやってるの?
そう聞かれた時、どちらかのプロフィールを選んで名乗る事にしています。

23歳、現役大学生

僕は、法政大学キャリアデザイン学部(通称:キャリア)という、都内の大学に通っています。現役の大学4年生です。
年齢は23歳です。(※大学を1年間休学したので、13卒組と同期です。)
「何を学んでるの?」とか、
「何で休学したの?」とかとか。
そういう話は、長くなるので後ほど・・・。汗w
社長兼デザイナー
私事ですが、今年の3月末よりWEB制作系の会社を始めました。
主に、自社でプラットフォーム系WEBサービスの開発・運営やホームページ・グラフィック等の受託制作を行ってます。
マニアが好きそうな、ギークなサブカル寄りのコンテンツや制作案件が多いと思います。
会社経営をしながらデザイナーとして制作も行うという、創業期の“ベンチャーあるある”に直面しています。
なので、”代表取締役CEO”という、“超どうでもいい肩書き”がつきました。
これから書く事で、僕の性格はバレて行くはずなので、先に宣言しておきます。

ぶっちゃけ、肩書きとかどうでもいいし! 全然、興味ないっす!!!
・・・・
ふー。
何故叫んだかは華麗にスルーして、話を元に戻します。

僕は、かなり自分に正直な人間です。

やりたいことは“やりたい”。
嫌なことは“イヤ”。
好きな人には“好き”。

そういうタイプです。

そんな僕は、今迄たくさんの【自分に正直すぎる選択】をしてきました。

時は遡り、僕が中学生1年生の頃に戻ります。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。