営業経験は、将来、自分の子供のために戦える力になるぞ

1 / 2 ページ

営業職 



がつがつしてる

上手いことを平気で言える

節操がない



営業をやる前も、やってる時も、今でも、そのイメージは基本的に変わりない




私は、行動もゆっくり目で、言葉も上手くないし、社内でも社外で出会う人にも、営業には見えないといつもいつも言われていました




そんな私が、会社員時代、実績を作りながら、楽しく営業を続けられたのは、20代前半の頃、上司が掛けてくれた言葉の要因が大きいと思っています





「お前、自分は営業なんて向いてないと思ってるだろ」


「……」


「でもな、この営業の経験は、お前がお母さんになって、PTAと戦わなくてはいけなくなったとき、子供のために戦える力になるぞ」


「お母さんになった時……?」


「もしも、自分の子供がいじめられたらどうする?」

みんなの読んで良かった!