出張整体師はみた! 【ホテル編】 某アミューズメント付近

前話: 出張整体師はみた! 【住宅編】
次話: 出張整体師はみた! 【ホテル編】 外国人のお客様
小生の勤めていたお店は、特に提携しているホテルは
ございませんでしたが、最近はインターネットや携帯電話
サイトの普及で、ホテルに宿泊しているお客様から
直接のご依頼が入る事も増えてまいりました。
こういったケースが増えているのか、都心部においては、
一部の例外を除くと入館を断られる事も少なくなって
まいりました。

今回のY様は数少ない例外のホテルにご宿泊された
お客様でした。

Y様がお泊りになられたのは、正確には都心ではなく、
近隣の某アミューズメント施設ある駅付近の
ホテルでございました。
当初、そのホテルのサービスを利用されようと
していたのですが、あいにくそのホテルには提携業者が
なかったとの事です。フロントにて問い合わせると、

「すぐ近くに〇×(チェーン系の店舗)があるので、
そこに行ってください。」

と言われたようです。しかし、Y様が調べたら、
その店舗は営業時間が21:00までとの事です。
某アミューズメントの夜の名物のパレードを
楽しみにいらしたY様が、楽しんでお戻りになる頃には
終わってしまいます。この立地でこの時間に終了して
しまうのも驚きですが、そのお店にも何か事情が
あるのかもしれません。

再度、フロントにその事情を伝え、外部業者を自分で
探して呼ぶと伝えると、強硬に拒否されてしまったようです。
名立たる系列のプライドなのでしょうが、お客様である
Y様への対応、振る舞いに失礼があったようで、どうしても
呼ばないと気がすまないとの事でした。
このお電話は、小生がご予約の空き時間にたまたま出て、
直接お聞きしました。

「到着時に電話くれたら客室側から開けられる裏の扉を開けるので、
来ていただけませんか?」

通常は、ホテル側がはっきりと許可しない場合は、
残念ながらお断りしております。

しかし、その日は比較的暇な日で少々退屈しておりました。

(今日は店長も休みだし、何か面白そうだな)
と、他のスタッフに詳細は伏せて受けて、小生が向かいました。
お教えいただいた裏口に到着後、ご指示通り電話させて
いただいたらY様が扉を開けてくださいました。
そのままお部屋に伺い、施術をさせていただきました。
お話を伺うと、Y様は地元で接客系の経営者をされている方
との事でした。
ご自分がもてなす時に、非常に細やかに気を配る方であろう
というのが、言葉や振る舞いの節々から感じられます
なぜクレーマーのような口調や振る舞いは全く感じられない方
なのに、ここまで対応に納得がいかないと憤慨されるのか? 
実際に伺って、お会いし、ご事情をお聞きしたら、
非常によく分かりました。小生が同じ状況でも、似た行動を
したかもしれません。
正直申しますと、向かう途中に、少しだけトラブルの心配を
しておりましたが、全くの杞憂に終わりました。
施術も大変に気に入っていただき、その後もY様が都心部周辺に
ご宿泊の際はご用命いただくようになりました。
大変にありがたい事でございます。
少々評判がいいからと、お客様をないがしろにするような
対応はいけない
と、一つ勉強させていただきました。

※ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございます。
読んでよかったと思っていただけましたら、このページと共に、初回の
にも「読んでよかった」を押していただけれると嬉しいです。
大変恐縮ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。
また、出版等のお問い合わせは
足利忠宛にお願いいたします。

続きのストーリーはこちら!

出張整体師はみた! 【ホテル編】 外国人のお客様

著者の足利 忠さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。