~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第五話

1 / 2 ページ

前編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第四話
後編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第六話

【第五話】どこへいっても、、、ゼロ行進

茨城県南部の市⇒福島県福島市⇒栃木県宇都宮市

区間移動距離   398km+α

概算総移動距離 701.9km+α

≪東北自動車道 とあるサービスエリア≫

7月23日 AM9:00

 眠い。

 ひたすら眠い。

 座席を思いっきり倒した。

 気が付いたら、暑くて起きた。

 

 9時過ぎだった。

 北海道のドリメン オカくんからLineが入っている。

 「あと二時間で最終戦です。やれるだけやったので、あれもらっていいですか?」

 ≪あれ≫とは、景気付けで言ってるコトバ

 すかさずLineを返した。

 『いってこい!おりゃ 今回がほんとにほんとに最終戦お前ならいけるでお前ならイケる

で。気合いれてこい』

 俺も、そろそろ気合入れて、眠気吹っ飛ばして行かなきゃ。

 車は、郡山の健康センターを経由して、福島県福島市の会場に到着した。

≪福島県福島市 東横IN福島駅東口1 会議室≫

7月23日 AM11:00

 がらーん。

 いずれ来ると思っていたが、誰もいない。

 もちろん申し込みもなかった。

 旅を出る前は、大してショックでもないだろうとタカをくくっていた。

 しかし、その状況に、動揺を隠しきれなかった。

 座って誰も来ない会場で、待っていた。

 2時間が過ぎ、その場所を立った。

≪栃木県に向かう道にて≫

 俺が独立した時に仕事をさせていただいた会社を訪問した。

 一度目の挫折に、動揺を持ったまま

 それを見透かされたかのように言われたコトバがあった。

 「焦るな」

 それでも、俺は焦りと動揺を隠しきれないでいた。

みんなの読んで良かった!