出張整体師はみた!【ご家庭編】身内の〇〇

前話: 出張整体師はみた! コンシェルジュ
次話: 出張整体師はみた!【ご家庭編】男女の違い
ご自宅への出張依頼をいただく方には、ご夫婦やご家族で
まとめて順番にお受けいただくケースも多々ございます。
ご自宅ですと、お受けいただいている方以外も同じ部屋に
いらして世間話に混ざってという事も少なくございません。

今回のお話は別室でお電話されていらっしゃる方のお声の事
でございます。
それはご夫婦でお受けいただいたU様のお宅での出来事です。
先に奥様の施術を行い、終了した後のご主人の番のときの事
でございました。

序盤の10分位はいつものように、健康相談のような状態の
世間話を施術と平行しており、奥様も傍らでお聞きに
なられていました。

奥様は、区切りのいいところで、家事の残りをしながら
お隣のお部屋に移られました。
そこで電話で話し始めていたようですが、はっきりと
聞こえるわけでも、耳に付くような口調でもなく、
特に気にも留めておりませんでした。
ところが、会話内容で感情がお高ぶりになられたのか、
だんだんボリュームと口調が激しくなってきて、聞かないように
心掛けてもはっきりと耳に入って参ります。
親類身内での内輪話、平たく申しますとお説教のようで、

身内が身内にした借金が・・・
といった明らかに小生は聞かないほうがいいに決まっている内容です。

しかしながら、まだご主人の施術は内容、時間共に半分程残って
おります。何とか別の話題をと思い別の話を試みますが、小生も、
普段は比較的饒舌なご主人も、ばつが悪く焦っているので、普段より
話が続かない(苦笑)

通話自体は施術終了までに終わっていたようですが、奥様も状況を
お察しになったのか、その日はその後お会いすることなく撤収と
なりました。
お客様のお宅に伺う事の難しさの一つを
また勉強させていただきました。

※ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございます。
読んでよかったと思っていただけましたら、このページと共に、初回の
にも「読んでよかった」を押していただけれると嬉しいです。
大変恐縮ではございますが、どうぞ宜しくお願い致します。

また、出版等のお問い合わせは
足利忠宛にお願いいたします。

続きのストーリーはこちら!

出張整体師はみた!【ご家庭編】男女の違い

著者の足利 忠さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。