~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第七話

前話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第六話
次話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第八話


【第七話】就職セミナーを婚・恋カツネタに!

群馬県高崎市⇒長野県松本市⇒神奈川県相模原市編~

区間移動距離  339.8km+α

概算総移動距離 1139.6km+

≪長野県松本市 松本駅付近≫

7月24日 PM6:30

 車は、長野自動車道松本インターチェンジを下り、夕方のちょっとした混雑を抜け、松

本駅の駐車場で止めた。

 

 会場入りする前に、タリーズに立ち寄る。

 冷たいコーヒーが飲みたかった。

 ゆっくりと腰を掛ける。

 目が合った女性に会釈する。

 なぜか……会話が始まった。

 聴けば、大学3年生 公務員を志望している女子大生

 話も、盛り上がった。

 喫茶店だけで、終りかなと思ったが、せっかくなのでセミナーのお誘いをしてみた。

 『大学3年生向け・大学院1年生向けの就職活動セミナーで全国1周しているのですが?

もしお時間あれば、来ませんか?』

 「是非是非、もっとお話したいです。」

 

 奇跡が起きた瞬間だった。

≪長野県松本市 松本駅前会議室≫

 長野県松本市にある大学。

 ここは、東京などの関東圏からの進学よりも、地元や関西圏や中部圏からの進学組が多いと言う。

 公務員を志望している彼女は、地元に帰って就職することを希望していた。

 

 ふいに、彼氏の話が出た。

 長野県に住んでいるという。

 「迷うけど、現在と未来……考えたらきっと地元に帰るはず」

≪Maybe go home≫

就職活動を指導していく中で、多分、地元に帰るだろうというメッセージ。

 

 これは、指導する上で必要な要素であろう。

 特に、女子学生の場合には、現状恋愛をしているなんてことも、少なくない。

 未来を考える上で、過去の経験にとらわれない、行動意思決定をすることが、少なくない。

 だからこそ、恋愛観をじっくり聴くことが、大事だと感じた。

 俺は、同意と共感をこめてこう伝えた。

 『『学生時代』の彼氏なんだね』

 そんな、恋愛談義と未来デザインの話は、会議室使用時間を超えるほど白熱した。

 彼女の知っている店で、ウーロン茶を片手に、更に2時間以上話すほど。

≪今日は、コンビニの駐車場で寝る≫

7月25日 AM0:00

 会釈して、車を走らせ、神奈川県方面へ、中央自動車道をひた走る。

 

 神奈川県の相模湖を越えたあたりで、強烈な睡魔が、身体を襲う。

 これは、イカン。

 途中のコンビニで、エンジンを切る。

 

 冷たい缶コーヒーを飲むが、車のエンジンだけでなく、俺の身体のエンジンも止まった様だ。

 リクライニングも倒さずに、夢の中にいた。

 

続きのストーリーはこちら!

~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第八話

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。