~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第拾話

前話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第九話
次話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十一話

【第十話】 俺は全国一周で美女を撮る!


静岡県静岡市⇒山口県宇部市⇒山口県下関市

前日までの補正移動距離 1938.6km

区間移動距離  915.7km

概算総移動距離 2854.3k

≪静岡駅から新幹線で≫

7月26日 PM15:10

 静岡から、東海道新幹線沿線へは、こだま号がある意味便利だと乗っていて思う。

 確かに、のぞみ号にバンバン抜かされる。

 が、便利だなとも思う。

 感覚とは、実に面白い。

 のぞみ号に、バンバン抜かされる為に、豊橋駅に入る。

 大きく目立った看板

 『ちくわが食べたい』

 思わず、声に出してしまった。

 5分弱ほど停車する。

 豊橋駅のホームで、売店を探す。すかさず俺はこう言った。

 

 『すっすいません。ちくわをください。』

 売店のおばさんは、こう答えた。

 「800円のと1200円のどちらにしますか?」

 なんですと?

 俺が、食べたいのは、そんなお土産パックじゃない。

 

 ちくわが一本食べたいのだ。

 『すいません。バラ売りのちくわありませんか?』

 売店のおばさんは、こう答えた。

 「ないよ」

 ちくわの看板が、偉大すぎて……落胆しながら、新幹線にもどっていった。

 漫画ゴラクを読む手が、ちくわを欲しいと欲している。

 『一本売りでもええじゃないか』と俺が呟く。

 

 そうこうしている内に、名古屋駅へ到着した。

 それからの、記憶は定かではない。

 だから、一気に山口まで飛んでもええじゃないか。

≪山口県宇部市 国際ホテル宇部≫

7月26日 PM20:30

 新幹線新山口駅から、在来線乗り継ぎで行くと、宇部新川までは結構な時間がかかる。

 そこで、新山口駅から山陽本線に乗り換えた。

 新山口駅から乗り込んだ電車は、いわゆる酷鉄廣島型と呼ばれる、何十年も歴史を持った電車。

 広島東洋カープに装飾されている電車もある。

 宇部駅まで行き、タクシーで国際ホテル宇部まで向かった。

 日本ベンチャー大学・山口校の事務局長で、株式会社メディアジョンリージョナルの代

表取締役、キタオさんが、イベントをやっていた為である。

 ツアー中というタイミングも良かった。

 基調講演などが終わり、俺は、会食の時間帯に到着した。

 知り合いがいる訳でもない。

 まぁそれが、俺らしいというか。

 偶然にも、席が隣になった方がいた。

 農業関係のお仕事をされているマツザキさん。

 すっかり、意気投合し、写真を撮る経緯を話した。

 マツザキさんは、こんなことをおっしゃってくれた。

 「全国1周するなら、全国で撮ってきたらいいじゃない」

 俺は、調子に乗ってこう答えた。

 『応援してくださいね。俺は、全国47都道府県で美女を撮り続けますよ』

 調子に乗って、言った言葉は、35日後現実になった。

 解散して、電車に乗る。

 小倉まで行く予定が、寝過ごして下関で降りる事となった。

 いよいよ、九州が目前に迫っていた。

続きのストーリーはこちら!

~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十一話

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。