~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十二話

1 / 2 ページ

前編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十一話
後編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十三話

第十二話 突撃隣のインタビュー

福岡県福岡市→長崎県大村市編

前回までの補正移動距離 3000.5km

区間移動距離  159.8km

概算総移動距離 3160.3km


ーーーーーーーーーーーーーーー

≪福岡県福岡市 リファレンス駅東会議室7F≫

7月27日 PM6:30

 車は、順調に進み、博多駅から近い会場に到着した。

 チェックインを済ませ、再び待つ。

 今回もまた、ゼロ人だった。

 そして、21時までだが、30分前に会場を出た。

 山梨甲府・静岡静岡・福岡小倉・福岡博多ずっとゼロ更新。

 宇都宮で感じた失望感よりも、未来に向けての戦い方を実行に移している期間だった。

≪福岡県福岡市 博多駅≫

7月27日 PM8:30

 カメラを手に取り、写真を撮ろうと博多駅に向かった。

 「カトモ」のイベント開始時間までは、もう少しある。

 マスコットが、印象的な女の子に声を掛けてみた。

 『こんばんわ。写真を撮らせてほしいのですけど』

 今回は、直球で攻めてみた。

 「いいですよ。」

 セミナー開くよりも、普通に会話できるじゃないかと思った。

 お仕事を聴くと、デザイナーさんだという。

 続けて、彼女はこういうことを言った。

 「写真の編集って、何のツールでするんですか?」

 えっ?

 写真に編集があるの?

 俺は、新しいことを学んだ。

 写真を撮ったら、若干の編集をしてほしい女の子もいる。

 それは、充分に価値になる。

 

 旅中ではできなかったが、これからそういう事も勉強していこうと思った。

みんなの読んで良かった!