ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 5

1 / 3 ページ

前編: ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 4
後編: ゲーマー野郎が一人アカペラでYouTubeの再生回数100万回、そして本気でグラミー賞をめざすまでの話 PART 6

ついにきた、韓国国民の義務「兵役」

まず、1年留年しまして。

次の年はがんばったんですが(そんなにがんばってないですが)、漫画みたいに2単位足らず、結局2度、留年しました。

2回目の留年が決まったとき、考えてみれば日本では新卒採用の制度があるので、韓国人男性の国民の義務「兵役」を、卒業前にやってしまうのがいいのではないか、と思いました。

元々は卒業してから軍隊に行こうとなんとなく考えていたのですが、休学をして兵役を終え、新卒として就職活動をするほうがいいんじゃないかと。

なので、大学最後の1年を残し、休学して兵役行くことにしました。

兵役に行く前日の写真です。

髪の毛の短さも気になりますが、今見ると、あれですね。

敬礼が全然ダメダメですね。全然分からないと思いますが。

 

とにかくですね、兵役、行くのが嫌過ぎました。

たかが2年ですが、もう仕方ないので、今後の人生をじっくり考えるために与えられた時間だと考えることにしました。兵役が終わるとすぐに就職活動だし、"なにか"を決めなければいけないと思いました。これからの人生、どうなるんだろう、とか。

どうしたいんだろう、とか。


兵役の2年でやっていたこと

一旦、歌の練習は休んだらダメだと思いました。衰えてしまうと(モテなくなると。いや、モテてないけど)。しかし歌う機会なんてそんなにない。

そこで、毎朝国歌斉唱の時間を使って、超本気で歌っていました。

大きい声を出していたということではなく、バランスの良い声で、ガチで。

(回りの音程がズレていてすごく、気になってたんですけどね。そしてテンポも伴奏より少し早くなったりする、よくあるやつ。あああ!!気になって仕方がなかった。)

 

あと、戦争の映画とかを観てると、突撃するときに叫びながら走っていくシーンがあるじゃないですか。

非常に士気が高まる要素で、圧力もかけられる大事な要素なので、訓練とまでは言わないですが、毎朝叫ぶ練習もするんです。

「前方に向かって、力強い叫び、発射!!!!」

みたいな。

「わーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

みたいな。

(映画観てるときは「なんで叫んでるんだ。」とか思っていましたが、あれ、叫んで突撃するのと叫ばず突撃するのと、怖さが全然違いますよ。ほんと。効果的。どうでもいいか。)

ここでも僕は、ここしかないと思い、こっそり、

フェイク(音程コントロールテクニック)の練習をしていました。

周りが叫んでいるので聴こえないかなと。僕の前にいた人は聴こえていたかもしれませんが。

 

また、ゲームセンターにおいてあるような木の箱みたいなカラオケボックスがありました。1曲20円、みたいな。金取るんかい。

僕が歌をやっていたことは先輩兵士に伝えていたので、よく「おい、カラオケ行くぞ!」と誘われて歌っていました。超安い金額なのに、「今日は俺のおごりだ!」なんてやり取りがあったり。
実践練習と思いながら行っていました。

 

歌うだけじゃなく、聴くほうもやっぱり欲しくなります。

全国で廃棄予定のパソコンを集めてきたかのような、立ち上がるのに20分くらいかるパソコンが置いてある部隊内のパソコンルームがあったので、そこでYouTubeを使って聴いていました。

本当に、YouTubeにはお世話になるばかりです。

このパソコンルームがまた有料で、かつ台数が限られているので、長くはいられませんでしたが、よく利用していました。そのときはこのMichael Jacksonの曲にすごくハマっていました。


ていうか、軍隊は時間がありすぎ。

軍隊で見張りなんかをしていると、ただ2時間立っているだけだったりします。

みんなの読んで良かった!