~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十四話

前編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十三話
後編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十五話

第十四話 くまもん・くまもん・またくまもん!!

佐賀県佐賀市⇒佐賀県鳥栖市⇒熊本県熊本市⇒宮崎県



前回までの補正移動距離 3393.1km
区間移動距離  275.1km
概算総移動距離 3668.2km

≪佐賀県佐賀市 佐賀駅再び≫

7月28日 PM9:00

 予想通り…人がいない。

 再び来たが人がいない。

 ふー

 困った…困った…困った

 鳥栖は、人が居るんじゃないかと思い立った。

 新幹線じゃなく在来線の…

 時間もあれなので、取り急ぎ向かった。

 旅を、終わって考えると凄くリスキーな気がしている。
 
 佐賀市 人口 23万人
 鳥栖市 人口 7万1000人


 全国47都道府県で撮影したが、多分一番苦しい県ではないかと思う。
 

≪佐賀県鳥栖市 鳥栖駅≫

7月28日 PM 9:30

 新幹線ではない、鳥栖駅

 あっ…歩いてくる女の子がいる。

 取りあえず聴いてみよう。

 『すいません。今、旅してますか?』

 ちょっとだけ、長崎で掴んだものがある。

 旅というキーワード。

 これを、突破口にしていこうと

 「旅は、してませんけど」

 すかさず聴いてみた。

 『どちらまでいかれるんですか?』

 「福岡です」

 ガッツポーズが出た。

 『それ…旅です。お願いがあるんですけど』

 メチャクチャな論理を、入れながら撮影のお願いをしてみた。

 「イイですよ」

 厳しいと思っていた佐賀県、無事撮影できた瞬間だった。

 

 

 『ありがとうございました』

 と元気よくお礼を言い、車を熊本県に走らせた。

 よくよく考えたら、本当に人がいない。

 お祭りだと言うのに人が少なかった。

 九州自動車道を経由して、ご飯を食べ、熊本に着いたのは、もう12時を回っていた。

≪熊本県熊本市 下通商店街≫

7月29日 AM0:00

 人も少なくなった下通商店街を徘徊する。

 どこみても・・・

 くまもん。


 くまもんしか目につかないので、早々にホテル探しの旅に。

 どうやら、あるホテルにはくまもん部屋があるらしいが、流石に遠慮したい。

 この日は、お世話になっているポッカヨシダさんのパチンコ番組≪パチンコ研究所≫が

、熊本で絶賛放送している日だった。

 


画像は、RKKパチンコ研究所公式ホームページより引用
 (RKKパチンコ研究所は、RKK熊本放送毎週日曜0:50より1:20で絶賛放送中)


 しかしながら、思いっきり徘徊していた。



 この話が、ドラマ化できたら、RKKパチンコ研究所を見るシーンを追加しよう。



 一部フィクション化しなきゃねっ。



≪熊本県熊本市 熊本市国際交流会館小会議室洋≫

7月29日 PM1:00

 朝から降り続く土砂降りの雨。

 じっくり、今後のツアースケジュールについて考えていた。

 そして、一つの決断を下した。

 寄付受付の時間は、残り半日

 金額として、150,000円足りない状況

 正直、不採択になるだろう。

 となると、僕のツアーは大義名分がなくなる。

 北海ドリー祝1周年興行が終わったら、この旅を終了することも考えた。

 考えて考えた結果、学者生命を全うしようと思った。

 結果が出ないならば、講義だけでなく、研究活動にも幕を引くつもりだった。

 だからこそ、九州ステージをしっかりやり尽くして、
 
 最後のフィールドワークとして、覚悟を決めた。

 せっかく、大学に所属していないのだから、やれる限りのことを。

 そして、熊本市の会場もゼロ人だった。

 雨が降りしきる熊本の街で、落ち込む暇はないと走って車に乗り込んだ。

≪熊本県熊本市 熊本駅≫

7月29日 PM3:30

 熊本では、既に撮影していた。

 でも、なんかしっくりこない。

 熊本らしさがない。

 改めて、新幹線が開業した熊本駅に行ってみた。

 着いて、すぐさま目についたくまもんのカバン。

 

 『くまもーーーーーーん』

 思わず、声を出した。

 

 くまもんのカバンを持った女の子に、すかさず声を掛けた。

 『旅行ですか?くまもんと』

 本当にヒドい、ファーストコンタクトである。

 しかしながら、その女の子は、笑顔で返してくれた。

 「オープンキャンパスで、秋田に行って帰ってきたとこなんです」

 これから先の旅で、また運命が開かれる≪秋田≫

 その予兆でもあった。

 『えっ?何系の学校』

 キャリア研究をしていれば、予想が付きやすいあの大学かしらと思っていたが、ちがっ

ていた。

 むしろ、予想を超えた答えに驚き、そして共感した。

 夢を叶える為に、秋田で学ぶ。

 『頑張ってね。絶対応援してるから。口に出せば叶うんだよ』

 たわいもない冗談と取られてもいい。

 やりたかった夢を、現実に進めている俺にとって、そして最後の研究と決めた俺にとって、彼女の夢に向かう姿勢に対して、贈る唯一のコトバだった。

 笑顔でお別れし、再び、車を走らせた。

≪宮崎県 某所≫

7月29日 PM6:30

 宮崎のある方が、俺の為に、わざわざお子さんを受講させて自宅でドリーをやってほ

しいらしい。

 じっくりお話を聴いて、受験は手段であって、目的ではないよと伝えた。

 長くグダグダ話す必要はない。

 むしろ、聴く方が大事だから。

7月29日 PM8:13

 熊本駅で撮影した女の子から来たLine

 「私がもし受かったら、その時はまた写真を撮ってもらえますか?」

 『もちろん』

 大声でガッツポーズし、教えている子を驚かせた。

 『口に出せば叶うんだよ』

 授業を終え、車で再び涙した。

 その涙の意味は、少しでも何か意味があった事を証明できたからだった。

続きのストーリーはこちら!

~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十五話

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。