~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十話

前話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第十九話
次話: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十一話

第二十話 揺られ揺られ北帰行

東京都中央区⇒神奈川県某所⇒千葉県千葉市⇒北海道札幌市編
前回までの補正移動距離 5368km
区間移動距離 942.7km
概算総移動距離 6310.7km

≪神奈川県某所 自宅≫

8月2日 AM10:00
 自宅に帰宅。
 荷物を積み替える。
 第一話で、見送ってくれたタカヤマさん達から、小包が
 ≪ドリカフェのノボリ≫


 これは、安易に飾れない。
 ちゃんと、人が来てくれる会場のみで使用しようと思った。
 そして、再び長い旅に出た。
 今度は、旅のほぼ終わりまで帰ってこない。

≪東京都 某病院≫

8月2日 AM11:30
 午前中ではあるが、かちこさんの病院を訪れた。
 より安全な出産を行うために、入院先が転院となった。
 元気がないかちこさんに、精一杯のエールを贈った。
 『テレビカード持ってきたよ』
 リアルで会話する。
 電話が出来なかったこともあり、会話をするというコト。
 凄く大きかった。
 旅の話をしながら、
 「いつも、見てますよ社長。頑張ってね」
 と病床から逆にエールを贈られた。
 エールを贈りたいのは、こっちなのに。
 そして、会社のある千葉へ向かった。

≪千葉県千葉市 セカステ総合研究所株式会社本社≫

8月2日 AM14:50
 この作品を執筆している場所でもある。
 銀行さんとの打ち合わせ。
 今まで、たまった郵送物・メールなどの丁寧なチェック。
 再びこの場所に帰ってくるのは、旅が終わってから。
 同じように、気を引き締めて、いよいよ北へ向かった。

≪東京駅⇒新青森駅⇒札幌駅≫

 青森までは、東北新幹線はやて号で、およそ4時間弱。
 この日は、到着電車による遅れが30分以上あり、出発も同様に遅れていた。
 新青森駅には、30分程度の遅れで到着。


 青森・弘前両方に向かう各駅停車は、新幹線の到着を待って発車した。
 青森に着いたら、≪夜行急行はまなす号≫が待機している。


 こちらも、超満員で熱気が凄い。
 いよいよ北海道札幌に向かって、北海ドリー一周年記念興行が、始まる。
 はまなす号に着くや、思わず寝てしまった。
 次に起きたのは、翌朝の札幌駅だった。
 冬、はまなす号に乗っている時は、乗りながら、メールや電話で指導していることも、
多かった。
 その時、指導していた連中は、ほとんど内定している。
 それが、安眠の理由だと思う。
 
 札幌の朝は、むしろ涼しいくらいだった。

 行きつけの狸小路 二コ―リフレというサウナで、旅の疲れを取った。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十一話

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。