~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十一話

1 / 2 ページ

前編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十話
後編: ~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと 第二十二話

第二十一話 ただいま帰ってきたぜ!

気づけば新たな奴らが・・・

≪北海道札幌市 狸小路商店街≫

8月3日 AM10:00
 『さぁ北海道で美女を撮るか』
 『いや、今日のネタを見なおすか。』
 二コ―リフレを出発し、セミナー開始までは3時間弱ある。
 朝から、狸小路のドトールで思案しながら、良い意味の緊張感を持って珈琲を飲んでいた。
 『やはり、写真を撮ろう』
 思いたったら、すぐ行動。
 通りかかった観光客の方に声を掛けた。
 『私、美人観光客の写真を撮っているのですけど』
 その頃には、声を掛ける事や、コトバになんら抵抗なくすらすら言えるようになってい
た。経験こそ最大の学習。
 「いいですよ。」
 その返事に、小躍りした。


 偶然にも神奈川から遊びに来た短大生で、俺の地元ネタでその場に笑顔が咲いた。
 そうこうしている内に、11時になり、やや早めだったが、会場に向かった。
 会場は、札幌市営地下鉄東札幌駅より徒歩8分の、≪札幌市産業振興センター≫
 北海ドリーでは、しばし使用していた会場である。
 シュウカツ戦線が本格化してからは、個別指導が中心になるため、セミナースタイル自
体、久しぶりだった。

≪北海道札幌市 札幌市産業振興センター会議室≫

8月3日 PM1:00
 セミナー開始前、どんどん集う北海ドリーのメンバー。
 見知った顔が、5人。
 そして、新しい3年生が2人来てくれた。
 今まで教えていた連中が、しっかり≪学生≫から≪社会人≫にシフトしていく凛々しい
顔をみて、改めて、成長したなと実感。
 俺の講義は、2時間弱で終わった。
 今日は、2部構成。
 メインは、札幌で交流会を主宰している、斉藤さん。まだ乳児なお子様と遊びたい時間を割いて、ノーギャラでお話していただいた。

 内容は割愛させていただくが、斉藤さんのお話に耳を傾け、うなずく姿に、成長したなと感じた。

 出会った頃のこいつらの聴く姿勢は、まだまだだったから。
 時間が彼らを成長させ、また、様々な出会いと人生ストーリーが彼らを進化させたのだ。
 そして、新たなメンバーとも少しづつ交流を図っていく。
 最後に俺は、この会場でこう締めた。
 『今年も、北海ドリーやりますので、皆さんよろしくおねがいいたします』
 何も後ろ盾もない所から始めて、一年でこんなに熱いカタチになった。
 これ以上ないほどの自信になった。

≪北海道札幌市 ~RistoranteZenzero~≫

みんなの読んで良かった!