出張整体師はみた! 「あなたはこらないの?」

1 / 5 ページ

前編: 出張整体師はみた! 何歳でも女性~最初のライバルは・・・
後編: 出張整体師はみた! ドクターのお客様
お客様、知人、問わずに非常によく聞かれる事に、
「あなたはこったりしないの?」
「自分が疲れたときにはどうしているの?」
といったご質問がございます。

施術には、押さえるポイントや角度と体の使い方が重要で、
皆様がお思いになるほど力は使わずに行わせていただいて
おります。
力ずくの手法の場合、ポイントや角度などがずれていたりする
ケースが多かったりするのです。
その場合は、むしろお受けになった方が翌日おつらい・・・
といった事になりやすいようです。
とはいえ、労働をしているのでありますから、
数をこなせば疲労はございます。

機械物

マッサージチェア、ベッド等のことであります。
正確には、過去に使っていた事がある手段です。
使わなくなった理由としては、微調整がしにくいといった
ありきたりの理由もございますが、ある失敗がきっかけと
なって、その後、ほとんど使わなくなりました。

それは、下積み時代に、ある治療院に勤めていた頃の話です。
その治療院の営業時間は、午前中よりお昼過ぎまでで
休憩に入り、午後三時から七時までといった形をとっており、
間の休憩時間に食事をすませて、小生を含む多くのスタッフが、
施術台で昼寝を取っておりました。
その日は、下積みの勤めである雑用と、数日前よりの店舗自体の
忙しさで、少々疲れがたまっておりました。

そこで、混雑時に順番待ちの方に使っていただくベッド型の
マッサージ機に乗って作動させながら昼寝に入りました。
通常は15分~20分ほどでタイマーがスイッチを切るのですが、
休憩時間中で順番待ちの人もいないのをいいことに、その
タイマーをオフにして、1時間強の長時間たっぷりと・・・
寝起きは、こり こそいくらか緩んだ気がしましたが、いつも
以上に目覚めが悪いもので、ぼーっとした非常に気だるい感じ
がしました。冷水で顔を洗って目を覚まして、なんとか後半の

みんなの読んで良かった!