第三十三話 相手がいて初めてやれる (岐阜県愛知県編 8/12編)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

前編: 第三十二話 4802.6Kmのプレゼント (福井県編 8/11)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
後編: 第三十四話 出会いは無限の可能性と未来がある (三重県愛知県編 8/13編)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第三十三話 相手がいて初めてやれる

福井県敦賀市⇒岐阜県大垣市編⇒愛知県名古屋市編

前回までの補正移動距離 7962.9km
区間移動距離 125.8km
概算総移動距離 8088.7km


≪福井県敦賀市⇒岐阜県大垣市≫



8月12日 AM10:00

 敦賀から名古屋、岐阜方面へは、北陸本線で米原に向かい、東海道線に乗って行くルートが一般的である。

 俺も、北陸本線の特急しらさぎ号に乗って滋賀県の米原駅まで行き、東海道線に乗り換

えて、岐阜県の大垣に向かった。

 移動しながら、色々なことを考える。

 戦国の世で、運命を分けた関ヶ原。伊吹山が見える車窓から、岐阜では、どんな話がで

きるのかなと考える。

 まだ見ぬ誰かに、希望を寄せながら。

≪岐阜県大垣市 大垣駅≫

8月12日 PM0:30

 米原から来た列車は、定刻通り大垣駅に着いた。

 大垣駅を出て、コーヒーを飲む。

 軽くストレッチをして歩いた先に、カバンをもった女の子がいた。

 俺は、声を掛けてみた。

 『こんにちわ』

 こんにちわの瞬間に、少し怪訝な顔をされる。

 続けて、全国1周していることを話した。

 怪訝な表情から、少し笑顔もこぼれ、実家に帰る途中であることを教えてくれた。

 『実家は嶺南なの?』

 偶然にも、俺が今日やってきた方向に、彼女は帰省するという。

 そこで、地元を離れて、その学校を選んだのか聴いた。

 「オープンキャンパスで、良さそうな雰囲気で、それでこの学校を選びました。実際に

この学校を選んで良かったと思います」

 彼女は、笑顔でこう答えてくれた。

 そして俺は、この旅ではすっかり恒例となった

 『もしよかったら、写真を撮ってもいいですか?』

 と聴いた。 

 「時間ないですけど、大丈夫ですか?」

 はい

 チーズ

 パチリ

 『また、いつか』という言葉で、会釈をして別れた。

 さぁ名古屋に行こう。

 俺は、ゆっくりと名古屋に向かった。

≪愛知県名古屋市 栄≫

8月12日 PM5:00

 俺が、数年来御世話になっている方が居る。

 その方から、食事に誘われ、名古屋市の栄で待ち合わせをした。

 そして、素晴らしいお店に連れて行ってもらった。

 そのお店で、厨房にいた職人さんが、言ったコトバ

 「美味しいモノを美味しく出すことは、難しいんです」


 毎日、毎日様々なお客様が店にやってくる。

 多くは、お店に様々な期待を持ってお越しになる。

 だからこそ、言葉の重みに、様々なことを考える。


 そしてお世話になっている方からもコトバを頂いた。

 「引き立てる相手がいなければ、スターはスターじゃない」

 俺は、この旅を通じて、≪引き立てる≫ということを少しづつ意識してきた。

 

 相手がいなければ、どんな素晴らしいものであっても、意味を為さない。

 そして、食事を終え、お世話になっている方にお礼を述べ

 『また写真撮りに行ってきます』

 と言った。

 名古屋駅、旅する人はまだまだいるだろう。俺はそう思った。

≪愛知県名古屋市 名古屋駅≫

8月12日 PM8:00

 名古屋駅、さぁ行くぞと思ったら、素敵な女の子が通る。

 お買いもの帰りの岐阜県から来た女の子。

 『全国回って、女の子の写真を撮っているんですけど』

 と伝えると、

 「あたしでいいんですか?」

 と、

 『むしろお願いします』

 はい

 チーズ

 


 パチリ


 お帰り途中だったので、会釈をして、今度は、名古屋駅の高速バスの停留所へ向かう。

 

 深夜高速バスも多く、様々な方面へ向かう旅行客で混んでいる。

 そこに、ディズニーのお揃いの服を着た大学生が通りかかった。

 俺と同じカメラを持っている。

 『あっ俺と同じカメラ。もしよかったら、写真撮らせてもらえませんか?』

 「時間ないですけど、大丈夫ですか?」

 『すぐに、撮ります はいチーズ』

 

 


 結構無茶ではあるが、それでも飛び込んでいくこと

 これが、ミライへのキッカケになるかもしれない。

 

 改めてお礼を述べ、旅の無事を祈った。


 これで、終りにするかと思っていた時に、山陰方面へ帰省する女の子が通りかかった。

 『帰省ですか?』

 「はい。島根の方まで」

 『俺も来週島根にいくんですよ。今全国1周中なんです。あっ美人さんを写真で撮っているんですけども……もし良ければ』

 「あっ。時間とか大丈夫ですかね?」

 『あっという間に終わります』

 はい

 チーズ

 パチリ

 写真を撮り終わった後、国際交流に貢献したい夢を少し聴かせてもらった。

 夢の続きは、きっとどこかで聴ける。

 今じゃなくとも、未来で聴ける。

 明日は、8月5日に青森で知り合い、8月7日に仙台で前祝いをした、女の子と祝勝会が出来る。

 そんな、コンビ結成前夜だった。


続きのストーリーはこちら!

第三十四話 出会いは無限の可能性と未来がある (三重県愛知県編 8/13編)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。