第三十三話 相手がいて初めてやれる (岐阜県愛知県編 8/12編)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

1 / 3 ページ

前編: 第三十二話 4802.6Kmのプレゼント (福井県編 8/11)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
後編: 第三十四話 出会いは無限の可能性と未来がある (三重県愛知県編 8/13編)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第三十三話 相手がいて初めてやれる

福井県敦賀市⇒岐阜県大垣市編⇒愛知県名古屋市編

前回までの補正移動距離 7962.9km
区間移動距離 125.8km
概算総移動距離 8088.7km


≪福井県敦賀市⇒岐阜県大垣市≫



8月12日 AM10:00

 敦賀から名古屋、岐阜方面へは、北陸本線で米原に向かい、東海道線に乗って行くルートが一般的である。

 俺も、北陸本線の特急しらさぎ号に乗って滋賀県の米原駅まで行き、東海道線に乗り換

えて、岐阜県の大垣に向かった。

 移動しながら、色々なことを考える。

 戦国の世で、運命を分けた関ヶ原。伊吹山が見える車窓から、岐阜では、どんな話がで

きるのかなと考える。

 まだ見ぬ誰かに、希望を寄せながら。

≪岐阜県大垣市 大垣駅≫

8月12日 PM0:30

 米原から来た列車は、定刻通り大垣駅に着いた。

 大垣駅を出て、コーヒーを飲む。

 軽くストレッチをして歩いた先に、カバンをもった女の子がいた。

 俺は、声を掛けてみた。

 『こんにちわ』

 こんにちわの瞬間に、少し怪訝な顔をされる。

 続けて、全国1周していることを話した。

 怪訝な表情から、少し笑顔もこぼれ、実家に帰る途中であることを教えてくれた。

 『実家は嶺南なの?』

 偶然にも、俺が今日やってきた方向に、彼女は帰省するという。

 そこで、地元を離れて、その学校を選んだのか聴いた。

 「オープンキャンパスで、良さそうな雰囲気で、それでこの学校を選びました。実際に

この学校を選んで良かったと思います」

 彼女は、笑顔でこう答えてくれた。

 そして俺は、この旅ではすっかり恒例となった

 『もしよかったら、写真を撮ってもいいですか?』

 と聴いた。 

 「時間ないですけど、大丈夫ですか?」

 はい

みんなの読んで良かった!