出張整体師はみた! 老紳士のご要望

1 / 3 ページ

前編: 出張整体師はみた! ドクターのお客様
後編: 出張整体師はみた! 捨てられない物
夜の深い時間には珍しい年配の男性からのご依頼がございました。
とあるベイエリアのマンションからでございます。

到着いたしますと、
70歳前後位で非常に目力の強い笑顔をたやさないご主人
が、玄関を開けて迎えて下さいました。
奥様とお二人で交代でお受けいただくとの事です。

最初は奥様で、すでにベッドでお待ちになっていらっしゃって
おりいました。
50歳代位の極々普通の奥様でございます。
いつも通りに、簡単に不調箇所等についてお聞きしてから施術を
開始させていただきました。
しかしながら、いつもと違う違和感を感じます。

施術をさせていただいているベッドの片隅にご主人がずっと腰掛けて、
相変わらず目力の強い笑みを浮かべているのです。
不思議に思いながらも、施術に支障のある位置ではないので、
そのまま続けておりました。
時折、普通の世間話を挟む、そんな感じで・・・

中盤頃に肩周りの施術をさせていただいていた頃です。
ご主人が奥様の腰の横の辺りに移動しました。
そして唐突に奥様の臀部、分かりやすく言うとお尻全体鷲掴みにして

「ここを揉んでやってくださいよーっ!
こうやってーっ!
お前これが気持ちいいんだよなーっ!!」

と一段と強めた目力の笑みでおっしゃっています。
奥様は

「ちょっとやめてよ!!」
と強く拒否しています。小生は内心非常に驚いていましたが、
なんとか顔色を変えずに通常の施術をつづけておりました。
奥様に拒否されて、一旦は引き下がったご主人ですが、
少しばかりの間を開けて、脇腹であったり耳であったりと

みんなの読んで良かった!