第四十五話 タイムリミットは2時間半 兵庫県沖縄県岡山県編(8月24日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと』

前話: 第四十四話 出会いとはなんだ(広島県兵庫県編8月23日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
次話: 第四十六話ありがとうございましたは、俺のセリフだよ 岡山県大阪府編(8月25日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第四十五話 タイムリミットは2時間半

兵庫県神戸市⇔沖縄県沖縄市⇒岡山県岡山市編
前回までの補正移動距離 10580.5km
区間移動距離 2533.9km
概算総移動距離 13114.4km

≪兵庫県神戸市 神戸空港≫

8月24日 PM1:20
 いよいよ、沖縄に出発だ。
 ここまで、7月26日から訪れた県では、女の子を撮影してきた。
 しかしながら、いくらなんでも、沖縄での滞在時間は、2時間強
 チェックインやら入れたら、1時間半もない。

 今回は、本当に難しいと思った。
 買った航空券は、
 SKY595 神戸PM2:10⇒那覇PM4:15
 SKY598 那覇PM6:35⇒神戸PM8:30
 泊まりたいそんな想いでイッパイの神戸空港だった。
 チェックインして、出発ロビーで待つと、素敵な女の子2人組がいた。
 『こんにちわ旅行ですか?』
 「はーい。」
 『僕も、旅行なんですよ。2時間しかいないけど』
 「えーーーーー」
 興味を示してくれた彼女達に、旅の簡単な説明をした。
 「泊まっちゃえいいのに」
 なんて、素晴らしい響きなんだ。思わず俺は、
 『そうだよね。泊まっちゃえばいいのにね』
 と言った。
 『でもまぁ沖縄気分を味わうということで、じゃあおねぇさん達お写真撮ってもいいかな』
 「いいとも」
 『はいチーズ』
 


 



 テンションが、メチャクチャ上がるも、翌日のことを考えて現実に戻しておいた。

 

 そして、飛行機に乗った

≪飛行機内≫

 およそ2時間で、沖縄に着く。
 関西圏は、悪かった天候も、沖縄に着く前には、晴れ間が見えてきた。



そして、飛行機は、沖縄に着いた。

≪沖縄県沖縄市 那覇空港≫

8月24日 PM4:30
 神戸空港で一緒だった彼女達に、お願いをした。
 『もし時間があったら、沖縄らしいジュース飲みません?』
 本来であれば、ビールだろうが、彼女達は、車の運転があるのでジュースにした。
 「あっ、いいですね」
 
 そして、空港の前でも
 『はいチーズ』




 



 

 『また、沖縄で会いましょう』
 「今度は、泊りで来た方がいいですよ」
 なんて、エッジの効いた言葉をいただき、会釈して別れた。
 残り時間1時間
 
 目の前の≪ゆいれーる≫のホームから、国際通りに向かった。

≪沖縄県沖縄市 国際通り≫

8月24日 PM5:10
 結構人も少ない。食事の時間帯か、チェックインの時間帯だろうか。
 取りあえず、沖縄土産でサングラスと麦わら帽子を買おうと散策。
 この間に、どこか、美女はいないかなと、探していると、素敵なおねぇさん達が、携帯
電話でムービーを撮影していた。
 『どうもー何をやっておられるんですか?』
 俺は、取りあえずどうもと言ってみた。
 「ムービーを撮っているんです」
 『どちらから、見えられたんですか?』
 「明日は、長崎なんです。」
 『俺と一緒ですね。俺は全国一周して美女を撮影しているんですよ』
 あっ多分、キャビンアテンダントじゃないかしらと思った。
 あえて、言わなかったが、そして、時間もないことを伝えた。
 『実は、制限時間がありまして、6時半の飛行機で帰るので、ここで撮らなきゃいかんのであります』
 なんとも、得体の知れない男だろう。
 「しかたないですね」
 『まじですか。ありがとうございます』
 『はいチーズ』

 会釈して、
 『再び、どこかの空で会えますように』と言った。
 さぁ急いで、空港に戻ろう。
 空港に着いたのは、5時50分。
 タイムリミットをきっちりクリアして、沖縄での美女撮影が出来た。
 そして、俺は、再び神戸に戻った。
 翌日は、このツアーで、最後に会場を押さえている、岡山でのセミナー。
 大雨も予想されていたので、前泊で岡山に向かった。
 日付は、丁度変わる頃、岡山に着いた。

続きのストーリーはこちら!

第四十六話ありがとうございましたは、俺のセリフだよ 岡山県大阪府編(8月25日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。