第四十九話 誰でもいい訳じゃない 福島県栃木県編(8月28日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

前話: 第四十八話 やり残したことがあるから再び旅立つ 東京都茨城県宮城県編(8月27日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
次話: 第五十話 最後の最後まで諦めんな 群馬県長野県山梨県編(8月29日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第四十九話 誰でもいい訳じゃない


栃木県⇒福島県福島市⇒栃木県宇都宮市

≪東北自動車道福島県内のSA≫

8月28日 AM7:00
 宮城県仙台市から、車を走らせる。
 思いっきり眠くなって、サービスエリアで寝る。
 暑くて起きる。
 車での移動中では、すっかり、習慣になってしまった。

 そして顔を洗い、まず栃木県に向かう。
 ビジネスのお客様に結果報告も含めて、伺った。
 お昼前まで、色々な話をした。
≪栃木県那須塩原市内≫
8月28日 PM1:00
 ゼミ旅行やサークル旅行をしている学生が沢山いる。
 ただ、気持ちが乗ってこない。
 余裕とかではなく、何か引き出せる気がしないと言った方が良いかもしれない。
 だから、車で移動しながら、移動にあてた。
 気持ちが、乗らない時は、別に無理をしなくてもいいと思う。
 結果も出にくい。
 
 旅をしていて、感じたことであり、これらのエピソードもまた、指導の中に盛りこむ。
 
 8月8日に仙台駅で撮影した、ナオコさんと福島県の福島駅でPM5:00に待ち合わせをしている。
 福島県に向かって、車を走らせた。

≪福島県福島市 福島駅≫

8月28日 PM5:00
 ナオコさんを乗せた列車が、到着した。

『こんにちわ。久しぶり』
「もう、顔なんて覚えてないかと思ってましたよ」
 こんなやり取りも、再会ならではだろう。
 お互いに接点を持ちそうにない。
 でも話してみれば、意外としっくりくる。
駅の喫茶店も混雑していたので、
『俺の車でも乗ってドライブでも行くか』
 と言った。
「いいですよ」

車は、目的地の無い旅に出発した。

≪福島県二本松市 道の駅安達≫

8月28日 PM5:30 


 『アイス喰おうぜ』
 俺は、子供かと思える様な発言をした。
「おいしそうですよね」

『メッチャクチャウマいと思うんだよ。』


「いただきまーす」
 色んな話をする。

「私、食べ物の写真ってついつい撮っちゃうんです」

『俺、女の子の写真ってついつい撮っちゃうんです』

「つかまりますよその内」

『法律が変わって、俺はOKになるんじゃないですかね』

「そんな訳ないでしょ」
 彼女は、大学三年生。
 だけど、俺が教えたるとか、指導したるとかは、今言うべきでもないし、むしろ聴く方
がよほど意味があると思う。
「地元福島で、就職したいですね」
 そう彼女は言った。
 そしてこんなことも聴かせてもらった。

「誰にでも認められたい訳じゃないし、誰でも認める訳じゃない。でもそれでいいと思
うんです」

 この意味、旅を通じて思ってきたことだ。

 ≪誰でも良い訳じゃない≫

 撮ってきた人には、何らかの要素があったり、接触したい部分があった。
 だから、この旅を通じて≪撮ってきたのだと

『俺も、福島で誰か撮ろうと思えば、多分そんなに難しい話ではないと思うのよ。多分続きが知りたくて、再び会いに来て話したくなったんだろうな』
「少女漫画みたいな事を言いますね」
と言いながらも笑顔であった。
気が付けば、3時間以上、色んな語りを聴きながら、最寄駅まで送った。

『また、会おうぜ』
「また、会いますか」
握手と言葉を交換して、福島を後にし、栃木県の宇都宮市に向かった。

≪栃木県宇都宮市 宇都宮駅≫
8月26日 PM11:30
 時間は、PM11:30
 正直、この時間に着いた時に厳しいかなと思った。
 もう、外を歩いている人も少ないし、帰宅帰りにしても迎えの車が来ていることも少な
くない。
 でも取りあえず、行っとかなければという思いで、宇都宮駅に着いた。
 着いて1分もたたないうちに、ベッピンさんなOL風の女の子が通る。
『こんばんわ。全国一周中でして……写真を……』
 いつものくだりを伝えた。
「全然かまわないですよ」
『マジですか。ありがとうございます』
『はいチーズ』


「頑張ってくださいね」
『はい。完走します。またどこかでお会いしましょう』
「その時は、続きを聴かせてくださいね」

 会釈と握手で別れた。
 
 その時間、わずか2分。
 そして、一旦は、神奈川の自宅に帰宅しようと思ったが、埼玉県内のサービスエリアで
強烈な睡魔に襲われ、そのまま車で寝てしまった。

 人生、諦めなければ捨てたもんじゃない。
 実感している。

 そして、誰でもいい訳じゃないということも

 再確認した。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

第五十話 最後の最後まで諦めんな 群馬県長野県山梨県編(8月29日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。