第五十話 最後の最後まで諦めんな 群馬県長野県山梨県編(8月29日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

前話: 第四十九話 誰でもいい訳じゃない 福島県栃木県編(8月28日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと
次話: 第五十一話 これがホントの最終講義 16,000kmの先に見えたもの 神奈川県さいたま県千葉県編(8月30日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

第五十話 最後の最後まで諦めんな

埼玉県さいたま市⇒群馬県高崎市⇒長野県松本市⇒山梨県山梨市

≪埼玉県のあるサービスエリア≫

8月29日 AM7:30
 泣いても笑っても、今日が長距離移動は最後。
 だから、うちに帰ったら間に合わない。
 このまま車で、行こう。
 そう思い、外環から、群馬、長野、山梨と回ろうと考えた。
 しかし、一つやり残した用事があったから、新潟県境まで行かなければならなかった。

≪関越自動車道にて≫

8月29日 AM10:00
 Youtubeを通して、樋口了一さんの≪1/6の夢旅人2002≫が流れる。
 とめどなく涙があふれた。
 しんどいからでも、悔しいからでもない。
 旅が終わる寂しさの様なものがあった。
 
 それを、Facebookに書いたら、高知で撮影した女の子からメッセージが届いた。
「何で、大泣きしたのですか?私は、それを卒業研究でやってます」と
『卒論で協力できることがあればいってください。アンケートでもインタビューでもき
ちんと答えます』
 このことは、旅が終わった後日、協力することになった。
 なぜ涙がでてきたのか?
 悔しいとか悲しいとかではない。
 ただ、≪祭りの終わり≫の寂しさはあった。
 そして、俺はやり残した用事を済ませ、群馬県高崎市に向かった。

≪群馬県高崎市 高崎駅≫

8月29日 PM15:00
 高崎駅に到着した俺は、アパレル系っぽい女の子に声を掛けた。
『どうも、全国一周して、美女を撮影している……』
 もういつものくだりだ。
『ちなみに何屋さんなんですか』
「そこの店で、ショップの店員やってます」
『ちなみに、おいくつ?』
「17歳です」
『見えねぇ。いやいや変な意味じゃなくて』
 そんな会話をする。
 意外とアパレルは、肉体労働だということを教えてもらう。
『さて、、、写真を撮ってもいいですかね』
「いいよいいよ」
『はいチーズ』


『ありがとうございます。また、お会い出来たらと』
「この旅がどうなったか、教えてくださいね」
 彼女はお店という≪職場≫に、俺も車の運転という≪職場≫に戻っていった。
 

 ブティックビルの反対側に車を止めていたため、駅の反対側に歩いて戻る途中に、二人
組のおしゃれな女の子達に会う。
『どうも、この辺で美人さんが集まるところってどこにありますか?あーここか』
 なんとも、あれなアプローチだったが、お話をしたかった。
「私達、地元じゃないんです。身内に子どもが出来たので……」
『えっ、お二人はお友達じゃないの?』
「姉妹なんです」
『えーー美人姉妹。旅をしていて初めてだ』
 ここで、改めてこの旅の説明を簡単にした上で、
『あと1日でこの旅も終わってしまうんですけども、もし良かったら写真を撮らせてもら
えませんか』
「全然かまいませんよ」
 快諾が得られた。
 旅の終わりに向けて、少しづつ奇跡のパズルが繋がってきた。
『はいチーズ』




「次は、どこなんですか?」

『長野県の松本市です。約3時間ほど掛かります』
「気を付けて行かれてくださいね」
「御無事でゴールされますように」
『ありがとうございます。再び美人姉妹に会えることを俺も祈ってます』
「あたしが務める喫茶店に来れば、もっと綺麗な女の子がイッパイいますよ」
『おねぃさんじゃなければ、ダメなんです。まぁ冗談はさておいて、本当にありがとう
ございました』

 会釈をして、駐車場まで、全速力で走っていった。
 もう時間が足りない。

≪長野県松本市 松本駅≫

8月29日 PM20:00
 松本に着いて、約40分
 人がやはり少ない。
 時間が遅かったか……
 でも焦らずに行こう。
 これが、最後なんだから
 遠征系は今日が、本当に最後なんだから
 そんな時、一人の可愛い女の子が目の前を通った。
 何かの閃きがあった。
写真云々じゃなくて、何を目指している人か聴いてみようと。
『こんばんわ。42日間掛けて、全国一周を回り、色んなことを聴いて回ってるんですけども、おねぇさんは、何を目指している方なんですか?』
「カフェで、調理する仕事に就きたくて、調理師の専門学校に行ってます」
『凄い。お料理上手なんだ』
「好きなだけで、毎日お勉強しています」
『カフェで、お料理のお仕事。素晴らしい夢だよね。カフェのお料理から夢を紡げるこ
とは素敵だ』
「ありがとうございます」
『さてさて、全国一周回って、写真も撮っているんですけど、もし良かったら撮らせて
もらってもいいですか』
「うーん、どうしよー」
『じゃあこうしましょう。写真を撮って下手くそだったら、撮らせないということで』
『はいチーズ』


『こんな感じになりました』

「これなら大丈夫ですね」


『ありがとうございます。今度は、お料理を食べさせてくださいな。いつの日か、理想
のカフェで』
「ありがとうございます。頑張ってくださいね」
 彼女は、この出会いの後、色んなこと、学びを教えてくれる。
 そして、この物語を書きだしたときから、早く出てこないかと、楽しみにしていると聴
いた。
 旅の終わりの方だが、そこから始まった物語もある。
 そして、会釈をして、山梨県甲府市に向かった。
 着くのは、多分PM11時過ぎ。
 
 もう不安はない。
 これで、車での移動系は最後なのだから
 

≪山梨県甲府市 甲府駅付近の路上≫

8月29日 PM11:20
 中央自動車道をひた走り、山梨県甲府市の甲府駅に着いた。
 この時には、何かわからない自信にあふれていた。
 そんな時に、素敵な女の子と目が合った。
『こんばんわ。全国ツアーをしながら、女の子を撮影して歩いている……』
 もう、この言葉だった。
「凄く面白いコトやってません?」
 そんな反応に、思わずガッツポーズした。
『そうなんです。いよいよ神奈川、埼玉、千葉を残すだけの、明日が最終日となってしまいました』
「撮影するならいい場所があるんです。行きましょ」
『はい。喜んで』
 奇跡とは、まさにこういう事だ。
 少しづつ積み重ねてきたものが、今カタチになって現れる。
 彼女が、教えてくれた場所は、甲府を代表する場所だった。
 しかし、この時間帯は、照明も消えていて、≪甲府らしさ≫は出せない。
 通りかかった古民家カフェで、撮影することを聴いてみた。
「じゃあそこで撮りましょう」
『はいチーズ』



『ありがとうございます。ぜひまたいつか』
「写真展やるなら、教えてくださいね」

 そう。
 僕は、この旅の途中で写真展を開催することを決めていた。
 感謝の気持ちをどうやってあらわすか
 拙い文章でダラダラ伝えるよりも、≪タイトル≫とストーリーを見に来ていただいた方
々に伝えていきたいと。
 そして、埼玉の浦和に向かおうと思っていたが、到着予定が2時になり、多分困難にな
ると判断し、自宅に帰った。

サイトからのお知らせ

STORYS.JPはあなたの一歩を応援しています

生き方は少しずつ自由になってきましたが、未経験分野への挑戦(転職)はまだまだ難しいのが現状です。これを踏まえて、STORYS.JPは誰でも実務経験を得られるサービス『adoor』をリリースしました。 最初はエンジニア職を対象にしています。STORYS.JPは、どんな人でも人生の一歩を踏み出しやすい世の中を目指しています。

実務経験は買える「adoor」

続きのストーリーはこちら!

第五十一話 これがホントの最終講義 16,000kmの先に見えたもの 神奈川県さいたま県千葉県編(8月30日)~偶然は神様がくれたボール 運命は女神とのキャッチボール~全国47都道府県ツアーから得たこと

著者の日高 啓太郎さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。