ホームレスとヒキコモリ5

前話: ホームレスとヒキコモリ4
次話: ホームレスとヒキコモリ6

おじちゃんもね、特殊能力があるんだ。

ヨシダおじちゃん
こう足の音とか聞いとくとね、誰が近づいてきたかわかるんだよ。歩き方とか歩幅とかね、何処の誰でも違うから。
『そういう能力じゃないんだけどな・・』と思いながら話を聞く。

ヨシダのおじちゃん
経験をつめばわかってくるから。視野を広くもちなさい。いっぺんに問題を片付けようとしちゃダメ!目の前のことから1つ1つ片付けていかなきゃ。
どりあん
・・・・・。(悩み顔)
ヨシダのおじちゃん
生きてればわかってくるよ。
休憩を終え、おじちゃん中国人観光客に話し掛ける。
ヨシダのおじちゃん
中国のカラスの鳴き声はなんですか?
日本語通じなかったらしい。おじちゃんは中国語は話せないみたいだ。
カラスの鳴き声について話す。天気がいい。自然がいい。

次は代々木公園へ…っと思ったが、もうそろそろお昼ごはん。
外を探して小さなお店に入った。

おじちゃんはご飯を頼まず飲み物だけ、私はランチを頼んだ。
ランチにはセルフサービス(おかわり自由)のサラダがついてくる。
するとおじちゃんは店員さんに
ヨシダおじちゃん
サラダのお皿をもう1ついいですか?2人で食べてもいいかな?
店員
ええ(半笑い)いくらでもどうぞ
あきらかに小馬鹿にしたような見下し目線の店員さん。

店員さんが去ったあとおじちゃんは

ヨシダのおじちゃん
「いくらでもどうぞ」だってさ。笑っちゃうよね。
と少し悲しそうに笑いながら言った。


おじちゃんはセルフサービスのサラダや果物を、私のぶんまでめちゃくちゃ綺麗に丁寧に盛ってくれた。(画像はイメージなのでアレですが、実際はもっと綺麗です)

ヨシダのおじちゃん
たくさん食べた方がいいよ(野菜も)
なのに少しで腹いっぱいに。
おじちゃんにあげることに。。おじちゃんは「半分でいいよ!ほんとにいいの?」と何度も聞いてきたけど、ほんとに食べれないかったので食べてもらった。
おじちゃんは食欲たくさんで、いっぱい食べる。(お金がないこともあるけど、遠慮して注文しなかったんだろうな)サラダも2、3回おかわりしていた。
昔はトライアスロンをしていたかららしい。体力には食事が大事だと力説していた。

お店を出て、歩いて代々木公園へ向かう。
入口から中へ入ろうとしたが、工事中かなんかで入れてくんなかった。
ので諦めて新宿御苑に向かう。。
なかなか入口に着かない。重い荷物;肩がちぎれそう。
おじちゃんはひょいひょい進む。
やっとこさ新宿御苑に着いたっ!
丁度100年記念期間とのこと。かといって何もなかったけど・・
入場する。カードでウィン!
…広い広い広いでかいでかい人も少ないし、素敵!!!
天気はいいが、寒くなってきた。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

続きのストーリーはこちら!

ホームレスとヒキコモリ6

著者のどり あんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。