元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(台湾編)

1 / 2 ページ

前編: 元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話
後編: 元極道の下で働いてた16歳が、後に日中英精通の国際IT起業家になった話(起業編)

STORYS.JPで読めない方はこちら:http://danielzenidea.blogspot.tw/2013/11/16it2.html

(これは前篇の続き)

基隆は台北の東に位置している、15年立っても殆ど変わらない寂れた港町。一年中雨が降るため、「雨の港」とも呼ばれている基隆は僕が生まれた街であり、日本へ行く前の13年間過ごした場所でもある。基隆の近くにある九份という街があるが、「魔女の宅急便」のモデルにもなっていると言われているこの場所に、「時雨」という進学校がある。僕はここで一年間、泊まり込みの中学校生活を送った。
  

何故僕が日本へ行ったかという事をよく聞かれるが、当然ながら、そんな事は13歳の少年が決められる筈もなかった。母親が僕を妊娠した時に離婚し、産んだ後まもなく日本へ留学したため、彼女の両親が僕の面倒を見ていた。つまり、じいちゃんばあちゃん子だったわけだ、僕は。

うちは貧乏だったから、母親は日本で留学しながら仕事をして、台湾にいるじいちゃんとばあちゃんにお金を送っていた。経済的に母親は年に一回や二回程度しか帰って来れなかったので、僕は母親に会うのはいつも楽しみにしていた。そんな事を繰り返していた生活の中に、一人の日本人男性が母親と一緒に台湾へ帰ってきたのが、僕が13になる歳だった。何も知らされていない僕は13歳なりに抵抗したが、2週間後には日本に降り立つことになった。その後のストーリーは皆さんの想像通りだ。

さて、台湾へ移住する前の3ヶ月間は自力で中国語勉強を始めたとはいえ、殆ど役に立たなかった。何故なら、日本で売られている教材は中国向けの簡体語であり、発音記号などもピンインだった。しかし台湾は中国の文化大革命の影響を受けていない、昔からの中国文字を使用しているため、それ向けの教材はほとんど日本に存在しなかった。僕に出来る事は中国語に慣れるためのリスニングくらいだった。
     「心」がない「愛」が簡体字、日本と同じ「愛」は繁体字

2006年の4月末に台湾へ戻り、仕事が見つかるまでの数週間は親戚のおじさんの家に泊まらせてもらったが、まともの会話が出来なかった。子供の頃は毎日のように会っていた人とコミュニケーションが取れない事を何故か気持ち悪く感じた。とにかく「変な感じ」としか言い様がない状況だった。彼らにしてみれば、僕は「逆輸入」してきた親戚だったのかもしれない。
元々台湾国籍だったので、就労ビザがなくても仕事が出来る状態にあったが、中国語が話せない台湾人を雇う台湾企業はなかったし、日本以上に学歴重視の社会なので、スキル無しの中卒である僕が台湾で面接の機会をもらうのも困難だった。(台湾では、26.9%の大学卒業生が大学院に入るという、深刻な学歴インフレが起きている)生まれて初めて学歴の重要さを身体で理解したのもこの時だったと思う。

最終的には人材紹介会社に登録して、数社の日系企業にアプローチをした。運良く採用が決まり、5月15日から勤務する事になったため、5月10日には台北の内湖区へ引っ越しをした。
                 內湖の夜景

台湾での初仕事に期待して、出勤した僕だが、当日に転職を決めた。理由は8割の職員がオフィス内でタバコを吸っていたからだ。わがままといえばわがままだが、頑固な僕は人材紹介会社にもう一社内湖にある会社を紹介してもらった。5月末に現職を辞め、6月3日からHMIを製造販売しているProface Taiwanでマーケティング部のリーダーとして勤務し始めた。(旧日本デジタルの子会社。今はSchneider Electroの傘下に収められている)

当時に給料は39999台湾元だった。(どうしても4万元は出さたくなかったらしい)日本円に換算すればおよそ12万円という金額。28歳の僕が稼ぐお金は16歳の僕の半分だと思うと自分でも何だかおかしく、笑いたくなるが、中国語の勉強が出来る最高の環境にいて、勉強しながらお金をもらえると考えれば、それはそれで笑いが止まらないほど嬉しかった事でもあった。

Proface TaiwanはGoogleでも、IDEOでもないので、仕事内容に関して特筆すべき部分はないが、日本ではまず見られないだろうという台湾人独特の仕事習慣に驚いた。朝食は会社で仕事しながら食べる。電話に出る時は社名を言わずに、直接「もしもし」(中国語では喂)と出る。携帯はミュートにしない。机に置きっぱなしにした際に、携帯が鳴りっぱなしになることもしばしば。スカイプやメッセンジャーをしながら仕事をする。顧客とのコミュニケーションツールというのが理由だが、多くの時間は友人とのチャットを楽しむのが普通だった。これらの事に対して、大企業に慣れている日本人(僕)が受け入れられる事など考えられなかったので、注意しては部下と衝突することもあった。(カルチャー・ショックとはこういう事)

実は、Danielという名前もこの際に付けた。いや、付けられたというべきなのかもしれない。人事からメールアドレスを登録するから、英語の名前は何だと聞かれた。日本人だったら、Yamamoto Taroとかで登録出来たと思うが、本名が中国語なだけにそれは出来なかった。何故なら日本語の子音+母音という発音方法と違い、中国語の発音は母音+母音に近い部分がある。つまり、日本語はローマ字で簡単に英語表記できても、中国語にそれを求めるのはかなり難しい。「趙雲」という三國志に出てくる人物の中国語の発音を英語表記するとZhao Yunになり、台湾人がこれを見ても誰だかがはっきり判らないのである。

どうしても英語の名前を考えろということで、ブルース・ウィリスから取り、Bluesでいいとお願いしたが、それは名前じゃないと言われ、「仕事はただでさえブルーなのに、そんなものを名前にするな」とも揶揄された。どうやらブルース・ウィリスはBluesではなく、Bruceのようだ。英語が判らない癖に、何となくBruceがいやだと思った僕は、一時期前に流行った映画「ブリジット・ジョーンズの日記」に登場するプレイボーイのDaniel CleaverからDanielを選んだ。


「そんな下らない理由で名前つけるのか?」と思われるかもしれないが、台湾人の英語名は香港人と違い、ニックネームに過ぎない。それに訳の分からない理由で英語名を付けたのは僕だけではない。小学校や中学校の先生から「君何となくメロディみたいだから、英語名はMelodyで」と一方的に付けられた人も少なくない。
社内の人間、または親会社であるSchneiderの人間と会話して気づいた事があった。殆どの同僚に趣味がない事だった。日本で勤務していた時の同僚の趣味は異種を極めた。DJ、バンド、演技、サーフィン、マラソン、声優、アニヲタ、ピアノ、マンガ、ワインなどがあったが、台湾では英語、日本語、株、投資、資格取得にプライベートの時間を使う人がほとんどで、趣味というか、やりたい事と言えるものは旅行、カラオケ、美味しい料理を食べるくらいだった。そのお陰で、僕の上手いとは決して言えないようなピアノ演奏でも、忘年会では大人気だった。

みんなの読んで良かった!