考え方、価値観の変化 - (1) 考え方の変化

1 / 2 ページ

生きていると、考え方や価値観が変わっていく

25年間も生きていると、ふと気付いたら以前と考え方や価値観が変わっている事に気付く事が有ります。
私が気付いた中では、大きく分けて2つのバリエーションがあり、

■ 価値観の変化
■ 考え方の変化

の2つがあります。ここではまず、考え方の変化について記したいと思います。

考え方の変化

思考の種類

私達は物事を考えるとき、
1. 垂直的思考
2. 水平的思考
の2つの方法を織り交ぜながら思考していきます。
1. の垂直的思考は、思考の連鎖を意味して、A->B, B->C, つまりCであるというような、一般的な論理的思考を意味します。
仮説を立て、統計データ等を用い検証しながら、結論を出す。というのがここでいう典型的な垂直的思考です。
私の中では、高校生→大学生2年生ぐらいまでは、無意識的に1.の思考方法を利用して物事を考えることが多かったと自分では思っています。

垂直的思考 例:インターネットは凄い。今後共成長する

例えば、インターネットは凄い勢いで成長していくだろうなと、昔からよく思っていたのですが、その思考に至った理由は

1. 時間的、空間的距離を超えられる
2. スケーラビリティが十分に高く、1.のメリットを最大限に活かせる
3. ネットワーク外部性(利用者が増えれば増えるほどその価値が増大する事)により、自然に2. の規模が拡大していく
という3点からで、-> だからインターネットは凄い! という結論を導く事が出来ます。

もう少し言うと、上記3点はそれぞれ独立しているので
1. のメリットがある
→ 2. しかも、それ自体は広げていくことが出来る構造を持っている
→ 3. さらに、それ自体は自然に広がるインセンティブがある

というように、要素が流れるように連鎖する構造になっています。
これらは今となっては誰もが言っていることで、きちんと情報を整理して考えれば、誰でもある程度簡単に辿ることが出来るものですが、上記のように考えその結果に至りました。

水平的思考 例:資本主義は富の格差を、ソーシャルメディアは幸せの格差を生む

資本主義は富の格差を、ソーシャルメディアは幸せの格差を生む。
以前私が書いた記事ですが、これは水平的に考えることで思いついたものです。
資本主義とソーシャルメディアはそもそも基本的には全く関係ありません。また、構造も全く違います。
ただ、下記のような観点においては

■資本主義
1. ゼロサムゲームであり、価値を生まないという批判をされることがある

みんなの読んで良かった!