フツーの主婦がサラリーマンの旦那を日本に置いて、マレーシアのジョホールバルに移住して起業してしまった話 その3(帰国後)

1 / 3 ページ

前話: フツーの主婦がサラリーマンの旦那を日本に置いて、マレーシアのジョホールバルに移住して起業してしまった話(高校留学時代編)
次話: フツーの主婦が一大奮起してマレーシアのジョホールバルに移住して起業してしまった話4(1浪終了後)
今までに書いたストーリーの続きです。

▼交換留学から帰国(高3夏)

アメリカの交換留学から
帰国したのは、
高3夏休み直前の6月中旬。
日本は、夏休み前でこれから
受験勉強真っ只中といった感じ。
私は私立に通っていたので、
文系コースを留学前から選択していた。
だから授業も文系の勉強中心になる。
英語
国語
世界史
暗記物があんなに得意だったのに
1年やっていないとすっかり忘れてしまい、
帰国して受けた期末テストは
どの教科もぱっとしなかった^^;
英語だけは、留学したおかげで
悪くはなかったが、
1年ものあいだ、日本の勉強をしていなかったから、
受験英語はまた別ものなので、
思ったほどできなかった。
1年留学すれば
英語は全く苦労なくできると思い込んでいたので、
がっかり・・・。
日本の受験英語はやはり特殊。
そうはうまくはいかないなあと
痛感した。

TOEFL初受験

さらに、TOEFLも受けてみたが、
恥ずかしながらパッとしない。
一番最初に受けたのは、
前回は450と書いたが
よくよく思い返してみると、
じつは405点だった(;_;)
TOEFLは、毎月受験可能だったので、
すぐに、2回めを受験。
1回めは全く勉強無しで受験したので、
2回めは少し勉強をしてトライ。
450点・・・。
次の3回めは、
500点。
まぁこの点数くらいまでは、
問題集や参考書を買ってある程度勉強をすれば
達成可能だった。
しかし、
それ以上となると、
当時の私の能力では難しく、
なかなかクリアできなかった。
私は行きたい大学があり、
そこは合格条件として、
TOEFLとSATのハイスコアが必要。
特にTOEFTLは
570点以上が必要だったのだ。
(1997年のカウントの仕方なので今は違います)

私は570点以上クリアするまでに何回か壁にぶち当たった。


まずは、
500点から530点の壁
次は、
530点から550点の壁。
そして、
550点以上の壁。
思うように点が上がらない。
なかなか奇跡は起こらず
打破するのに、基礎があまりなかった私は、
かなりの時間を要した。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者の花岡 めうみさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。