ネガティブな感情が実はとてつもなくメリットになっていた私

1 / 4 ページ

「ねばならない」
これが幼いときからの私にまとわりついていた言葉でした。
正義感の塊で、少しの不正も許せない。
もちろん自分も、他人も。どんな人であっても。



幼い頃の私の話しから始まります。

もしかしたらそうではないのかもしれませんが、
私は、学校生活というものに
あまり良い思い出がないように思います。



小学校から中学校まで
遠足もお弁当を一緒に食べてくれる友人を
いつもギリギリまで探さなくてはなりませんでしたし
授業でグループになるという時も
さて、私はどのグループに入ったら良いのだろう、
と、自分の身の置き場にいつも困っていました。


クラスの中で、私以外の女子全員で
鍵付きの交換日記をしていたり
身に覚えの無いラブレターを私名義にされたり
話した事も無い子から悪口が広がっていたり
小学校や中学校ではよくある
そう言った的になる様なそんな子供でした。



自分がこれはいい!と思った事は必ず否定され
これはステキ!と思った事も笑われたりしました。


知らない間に、どんどんと自分の言葉で話す事をやめ
いつも人の顔色を見ながら
あ、怒られなかった、あ、無視されなかった
あ、話ししてもらえた、仲間に入れてもらえた
そんな風に自分以外の軸で生きる事を選択しはじめました。



自分の主張を通しても、それが受容されるどころか
拒否され、丸ごと人格を否定されるということを
何度も幼い頃に体験していると
どうも人は、
「なんだか分からないけど私が悪いのだな」
という事を自分に言い聞かせてしまうのかもしれません。
そうすることで、その状況を受け入れられるように
自分に言い聞かせているのでしょう。


何かあっても、理不尽なことがあっても
「私が悪いのだな」
そう思う事で、全てはきっちりと丸く収まりました。



どんなに納得がいかなくても

「私が悪い」

それが全てを帳消しにしてくれました。




引寄せの法則というのがありますが、
まさに、「私が悪い」が自分の中に育ち始めると
私が悪いと思わざるを得ない状況を
どんどん引寄せてきます。

みんなの読んで良かった!