中学2年間で、170日欠席した「登校拒否児」が、「運命の出逢い」で、期末テストで90点以上をとった話

1 / 3 ページ

家に引きこもり「ドラクエ」ばかり、やっていた。


金田は中学の頃、「登校拒否児」でした。


「学校にいっても、つまらない
いじめられる

家から出ることが、出来なくなっていました。

家に引きこもって、やることといえば

寝る
ドラクエ

でした。

「勉強もやる気がない

「スポーツもやる気がない

「誰とも会いたくない

そんな毎日が続きました。

そんな状態ですので
勉強の方は、
もちろん「最悪」でした。

点、2点、4点は
当たり前。

どうしようもない状態でした。

中学2年の「運命的な出逢い」

その状態で
中学2年間を170日ほど
欠席したのですが、

中学2年のときに「運命的な出逢い」がありました。

みんなの読んで良かった!