フツーの主婦から会社経営者になるまでの軌跡を振り返って感じたこと

2 / 2 ページ

前話: 何のとりえもなかった私が、10年以上かけて叶えた夢 大学時代編

その時は、まさか将来こんな仕事をするとは思っていなかったので、
嫌で嫌で仕方なかった。

しかし、

今すごく役に立っているのだ。


さらに言うと、

新人時代、飛び込みピンポン営業もした。


何度もつらい思いをしている。


おかげで精神的にも強くなった。
断りにも動じなくなった。
仕事で車にも乗っていたので、
最初は怖かったが、乗れば何とかなり、
異国の地で運転できている。

過去を振り返ると、

その時その時の経験は、意味があり、

後の財産になっている。

過去を振り返ると、すべて未来につながっていて、

無駄なことはひとつもない。

何かしらの役に立っているのだ。
若い時に苦労はするものだと思う。
精神的にも鍛えられ、
年をとってからもっと大変なことが起こっても
なんとか乗り越えられる力が備わっているだろう。
すごく大変な状況でもこれがきっといつかどこかで役に立つ。


このことが自分を成長させて
もっと素敵な未来が待っていると思うと
逃げ出したくなるくらい大変なことがあっても
踏ん張れるようになった。
だから、

今非常に辛い思いをしている方、

逃げ出したいと思っている方、

一度深呼吸をして、
またその状況を見つめなおしてみて欲しい。
もう少し頑張れると思う。
きっと将来の財産になるから。

無駄なことは何一つない。


【追伸】

いつも読んでいただきありがとうございます。

私は、2012年7月28日に日本を飛び出し、
今は、シンガポールのお隣のマレーシア・ジョホールバルで
娘2人と親子留学しております。

当時、留学するに辺り、
あまりに情報がなく苦労したので、
留学・移住をサポートする会社を立ち上げ
5年活動してきました。

2017年8月にマレーシアを卒業し、
タイにお引越ししました。

引き続き、ブログやメルマガで
情報発信をしていますので
よかったら御覧ください。

花岡 めうみ

著者の花岡 めうみさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。