わたしは変わっていく「奇跡がくれた贈り物」

前話: 女性の恋愛観。「惚れた弱みで男から去れない女心」
次話: 愛し愛され、騙し騙され、幾度となく失敗を繰り返した女の愛の叫びと、心の叫びです。プロローグ「秘密の手帳」

わたしは変わっていく。
あなたと出逢って。

世の中には、無駄なことなんてひとつもないはず。
出逢いも、別れも、成功も、失敗も、笑顔も、涙も・・・。
だから、物事には必ず何か意味があるんだと思いたかった。
でも、やっぱりただそう言い聞かせているだけで、実際は違った。
想いを伝えなければ、こんなに悲しむことなんかなかったのに、とか。
どうせ終わるなら、どうして出逢ってしまったの、とか。
後悔ばかり。
そして、幸せな瞬間すらも、いつ終わるんだろうっていつも悲観的になって。
言いたいことも言えず、そんな後ろ向きで歪んだ恋愛が続いていた。

だけど、彼と出逢って・・・
わたしは変わった。

今まで、痛みを散らすために自分の心を誤摩化していた。
愛する人ひとりにどっぷり浸かってしまったら、湧いてくる独占欲に押し潰されることになるから。
それには、絶対に耐えられないから。
だから。
人恋しいときは優しい人に寄りかかった夜もあった。
逢えないときは華やかな場所に出かけた夜もあった。
自信がないときは温かい人に電話をした夜もあった。
いつも寂しかった。

でも、あの人がわたしを変えた。
愛する人とちゃんと向き合おうって思った。
人恋しい夜も、
逢えない夜も、
自信がない夜も、
彼だけを想ってたったひとりで乗り越えた。

わたしに安心をたくさんくれた人だから。
大切な時間をいっぱい一緒に過ごしてくれた人だから。
一生懸命わたしを守ってくれた人だから。


だから、もう幸せからも悲しみからも逃げない。
穏やかな時間が流れていても、何も問題は起こってなくても、
この先、彼を失ったときの自分がこわいからって、自らこの愛を手放したりなんかしないって…。

そして、わたしが変わったように、
あなたにも、この出逢いに意味があったと思って欲しい。
この恋があなたにとっても、特別なものになった、と。

わたしはこの恋を忘れない。
だから、少しでもあなたの人生に何かを残せていたらいいと思う。
ふたりでいる幸せを知ってしまったから、今までよりもっとつらくなるけど、
でも、それも真剣な恋に落ちた奇跡がくれた贈り物だと思って、
しっかりと受け止める。

終わってしまったけど、幸せな時間がたしかに存在したことはわたしが覚えてる。
いつか終わることがわかっていたから、
あなたとの幸せの点が、線につながることはこの先ないと気づいていたから、
だからこそ願ってたんだと思う。
ただただ願ってたんだと思う。


今が続いてくれれば・・・と。

合計873ストーリー! カタリエ へのご投稿、

ありがとうございました!

続きのストーリーはこちら!

愛し愛され、騙し騙され、幾度となく失敗を繰り返した女の愛の叫びと、心の叫びです。プロローグ「秘密の手帳」

著者の伊集院 歌子さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。