前も後ろもよくわからない下り坂のお上りさん

前編: 前を向きたくなった思春期の終わり。
後編: 飲食業界はだいたいブラックリン
 はい。ノリで上京してしまいました。

ノリってなんだよと言われたら困りますが、ノリです。別に東京に夢を抱いたとかそういうあれじゃなく求人票適当に集めて適当にめくったところが東京だったので。もう、来ちゃった☆位の軽いテンションで上京してしまいました。

ちなみに家をでる際はさがさないでくださいの置き手紙をおいて行ったのですが多分捨てられたでしょうね。悪ふざけとして。つまらんことです。
ちなみにお金はありませんでした。高校時代の、月一万だか二万だかの貧しい稼ぎの中で携帯代やら安いながらも学費とか出した上で必死こいて貯金し続けてようやく得た三十万ほどの金でぽーんと出ました。引越し代だけでもそこそことんだしそこから二ヶ月は収入ないしでよくもまあ無計画に何とかなったものですね。 
そこら辺の文だけ読むと立派な苦学生に見える不思議!ちなみに高校時代は皆勤賞でしたよ!偉い人に見えますね! 

とにかく上京して思ったこと。人多! 
電車乗れないんですよ頭おかしいんですよ。
出入口の近くで立ってたらでろよ邪魔だよとサラリーマンに外に突き飛ばされましたよ。電車なんてすわれて当たり前くらいに思ってた田舎もんが出入り口付近の乗客は一旦降りるのがマナーなんて知るわけないわけで。 
都会怖いになるまで時間はかかりませんでしたね。
エスカレーター止まって乗る人は左側に立ち右側が急いでるひとのためにあけるのがマナー?エスカレーターでは歩かないでくださいって横に書いてあるがな!
様々なカルチャーショックを受けましたがまあ五年経てば電車は床が見えれば乗れる!と思うようになった自分は、どっぷり毒されてしまったのだろう。 

これから都会へ向かう人へ。

電車に乗るのは躊躇ったら負けです。
次の電車も混んでるので待っても無駄だと思いましょう。 

続きのストーリーはこちら!

飲食業界はだいたいブラックリン

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。