環境を変えることから始めよう。

3 / 3 ページ

それらが創りだす大きな力によって
自分という人間が裸にされた、そんな感覚です。
変わった、というより、素直になれた、
といった方が正しいかもしれません。
今まで日本で働きながら感じていたこと、
でも押し殺していた心の声、
それにやっと傾けられるようになりました。
大事なのは、自分からのメッセージを無視しないこと。
最近は、本当は東京いきたんだよね、というような人がいたら、
「いいねぇ行きなよ!移動届け出しなよ!転職しなよ!」
なんて笑顔で即答しています。
別に適当にあしらっている訳ではなく
本気でそれが正しいと思うから。
「~したい!!」
という自分の心の声は、
自分が本気で「活きる」場所を教えてくれています。
水へ帰りたい、というメッセージです。
僕もアメリカ行こうと思った時、LAかNYで迷いました。
頭で考えればLAでした。当初思い描いていた、
仕事ができるのはLAにしかなかったからです。
でも僕はNYを選びました。それは、
「行きたい」とう心のわくわく、
直感的な感覚を優先したからです。
結果、その当時思い描いたビジョンは
もっと楽しいビジョンに変わりました。
NYへ選んだことが大きな一歩を与えてくれました。
LA行きは「陸の中でどう活きるか」と考えていた自分。
NY行きは「俺は海へ帰りたい」といった心の声だったのかもしれません。
環境を変えることは決して逃げではない。
言い訳をするな、環境のせいにするな、
そんな周りの声は無視です、無視。
おそらくそれは環境の力を知らない人、
ずっと同じ環境にいる人が言ってるんでしょう。
自分に偽り、自分の力を最大限に発揮できないこと、
これが一番の逃げであり、自分への裏切りです。
何より自分が活きないことは、
自分を信じてくれる周りの人への裏切りだと
最近強く思います。
えらそうにいっていますが、
これは自分自身に言い聞かせていることです。
ようやく自分の声に素直に耳を傾けられるようになってきました。
自分が活きる場がやっとわかってきました。
答えは新しく創りだしたものではなく、
自分の心の声、過去の自分に中にすでにありました。
これからどんどん動きます。
from スタバ 

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のDra gonさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。