音楽で振り返るおいらの人生メドレー

チャランゴの神様に出会った中学3年

まぁとにかく毎日が楽しかったのなんの。
授業中も○○(自主規制)したり、トランプしたり、後ろの方ではバレーボールも行われる教室はまるで動物園!
廊下は四六時中バクチクが鳴り響き、エレキギターの音も鳴り響いていた。

だから自席に座って授業を聞いてるだけで「優等生」と目された!じゃじゃーん。

そんなある日、市の教育委員会を無視して、当時馬車道にあった東宝まで「橋のない川」の映画を見に行った(行かされた)我ら蒔田中学校生徒一同、当然出席率は低く、多くは全くピンとこない話に熟睡する中、

おいらは、電撃的に出会った!チャランゴの神様、エルネスト・カブールに!!

映画音楽として採用されていたチャランゴの音とシークの音は本当に電撃的で、すぐに当時羽衣町にあったヤマギワ電気CD館に自転車を走らせたのだ!
本当に、フォルクローレのような力強い時代だった。
もう、怖いものなんて何もなかった!
修学旅行でお土産に○○○(自主規制)を買って、帰りの新幹線の中で担任や他のクラスの教諭も巻き込んで○○○(自主規制)した。新横浜に着く頃には、みんな真っ○(自主規制)な顔をして千鳥足だった。

<花祭り(El Humahuaqueño)>
レ・ヤンナスタ・カルナヴァ~~~~~ル・ケブラ・デノミチョリターーーイ
エルケ・チャラング・ィ・ボンボ・カルナヴァリート・パラパイラ~

もうお祭りですよ、祭りでしたよ。毎日が楽しくてしょうがなかった。警察の車もしょっちゅう来るし、授業なんてあるっていっても無いも同然!

とある試験日、昼前に帰宅中、近所のおばちゃん(知らない人)から声をかけられました。

おばちゃん
蒔中、また何かあったの?(わくわく)
おいら
いえ、試験です
おばちゃん
あら、そうなの(がっかり)
楽しかったなぁ。(無責任)

「くそくらえ節」で衝撃を受ける高校1年

フォークの神様・岡林信康に出会う。もちろん、母のコレクションから。

岡林信康
くそくらえったら○○○○○(自主規制)
おいら
これだ!これが青春だ!
<自由への長い旅より>
信じたいために 疑い、続けぇぇぇぇるぅぅぅぅぅ
自由へのなーーーーーーがああい~~~~ 旅を、独りぃ

高田渡みたいになりたい高校2年


高田渡
おいオスか やいメスか お前はミミズ 悲しいのなら泣いてみろ 苦しいのなら死んでみろ(詩は永山則夫)
おいら
え、これっておいらのことじゃん!
昼休みの曲リクエストに、高田渡の「値上げ」をリクエスト。教室どころか学校中の空気を氷らせる。

<新・わからない節>
あああ 分からない 分からない
腹が減っちゃ 理も非も分からない
腹が減った 泥棒した 捕まった
ムショに入ったら飯が食えた
あああ 分からない 分からない・・・

ある日手に取ったWindham Hill

既に、CGFEBそれぞれのマイナーコードくらいは弾けるようになっていたギター。もちろん、高田渡を弾き語るのが目的。
そんなある日CD屋で手にしたギター・サンプラー。

おいら
なんなんだ、この素敵なギターは!!
さらに、Windham HillのNight Noiseに目覚める。当時はエンヤ万歳な時代だったが、とりあえず自分にとってのケルトはNight Noiseだった。奇遇にも理科部の先輩にWindham Hillが好きという人がいて、仲良くしてもらえた。
そして、遺伝の問題の解き方とかも教えてもらった。だから、Windham Hillは生物の知識と結びついてる気がする。

おいら
水兵リーベ、僕の船、そう曲がる、シップスクラークカルシウム、スコッチ・バクローマン、徹子にどうも会えんが、ゲル明日せびろうクリプトン。

<Shadow of Time (Night Noise)>
I see a strange man (音もなく走る見慣れない男と会った)
Running silently
He never looks behind him (彼は決して後ろを見ない)
He has no time to see (見る暇がないのだ)
He makes no sound, he has no voice (彼は音を立てず、声も出さない)
The ground he doesn't feel (彼は地を感じない)
But he's always on the run (けれどもいつでも走り続けている)
And I wonder if he's real (本当に彼は存在するのだろうか・・・??)

Run on, run on, shadow of time (走れ、走れ時の影)
Run on, run on, shadow of time

ライラライの浪人中

サイモンとガーファンクルのベストアルバムが家にあった。
それで、仮定法過去を学んだ。

サイモンとガーファンクル
Homewardbound, I wish I was, homewardbound.
おいら
なにこれ、仮定法過去ってこんな簡単だったの?
<The Boxer>
In the clearing stands a boxer (開拓地に一人立つボクサー)
And a fighter by his trade (彼の職業は戦士)
And he carries the reminders (彼は忘れない)
Of ev'ry glove that layed him down (悲鳴を上げるまで彼を打ちのめした)
Or cut him till he cried out (拳の全てを)
In his anger and his shame (怒りと屈辱の中で彼は叫ぶ)
"I am leaving, I am leaving" (やめてやる、やめてやるんだ...)
But the fighter still remains (けれども戦士はまだ闘い続けている)

時の流れに身を任せ

空白の10年。音楽はなかった。聴く気になれなかった。音の無い世界にいた気がする。

テレサ・テン
時の流れに身を任せ~~~~あなたの色に染められ~~~

どぶに落ちても根のある奴は

♩いつかは蓮(はちす)の花と咲く〜〜〜(渥美清:「男はつらいよ」

おいら
顔で笑って腹で泣く、はら〜ぁでぇなぁく〜〜〜
これ、転職のときのエントリーシートに座右の銘として書きまくりました。

<明日の詩:杉良太郎>
たとえひとときの やすらぎぃぃでもぉぉぉ
あれば明日からぁぁぁ いきてゆけぇると つぶぅやいた~~~~
横顔にぃぃなにぃををををををを こたえればぁぁぁあぁいいんだろうぅぅぅぅ
こーがーらーしのーふく朝~が さーびしかぁったら~~~~~~~~
おーれーのーーーーーせなかーーーーー見つめながらついてこいいいいいいいいい
泣いて昨日をぉ 振り返るよりぃぃ 明日の詩を うたおおおおおおおおぅうぅぅ
(中略)

やり直しはいつだってできるだろうぅぅぅぅ


おいら
すぎさま~~~~~(うそ)

だぁれぇも~~よろこびとかなし~みを~

むねーにー抱いて~~~生きてゆくのさ、あ・し・たも~~~~~~~~

「ちょんまげ天国」ってCD2枚組をヤフオクで落札できた記念に。

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。