母を自宅で看取り天涯孤独となった瞬間の話。②

1 / 3 ページ

前編: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。
後編: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。③
プロローグ

2002年秋

突然親から電話があった。
そろそろ、死期が近いと。
母は再発を含め3回ガンになっていた。28歳から20年以上ガンと戦ってきたから、そろそろ生命力が削られてなくなりつつあるのが分かると。
徐々に検査で腫瘍マーカーの値が上がってはきてたけど、今月(2002年11月)になって先月の3倍になってたと。
今回はもうもたないと思うと電話があった。
最初なんの事だかはっきりと現実味が感じられなく、ただただビックリした。
4年前に3回目のガンになった時から、あと5年はもたないかもとは覚悟してたけど、ついにきたかという感じだった。
その時は、驚きの方が大きく、さほどではなかったけど、次の日俺から電話した時はかなりこたえた。
「どう?調子は?今何やってた?」
「今ワープロで遺書書いてた。」
死んだ後に俺がやる書類の整理の仕方をまとめてると言う。
貯金の口座変更の手続き、保険の解約の仕方、止めたり、解約するもの、役所に出す書類類について、家財道具は何処に売り払えばいいか、人にあげて欲しいもの、死んだ知らせを送って欲しい相手、などなどまとめてたという。

みんなの読んで良かった!