母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。③

1 / 7 ページ

前編: 母を自宅で看取り天涯孤独となった瞬間の話。②
後編: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。④

2003年8月12日 last  29 day


あの電話で泣いた日からはや9か月が経ったある日。

さっきまで、仲間と来週行く夏フェスに参加する話でわいわいしてたのに。
さっきまで、仕事の同僚に愚痴聞いてもらい、心のもやもやがすっきりしてたのに。



夜21時に電話がきた。

「来週、もう死んでるかも・・・」
つい今しがたメールで、来週休みがもらえたから実家に行くよって打ったら、それすら間に合わない勢いとの返事だった。
夏フェス楽しみだったし、病院での研修もちゃんと受けたかった迷ったけど、やっぱり実家に行かなきゃだめだよなって思った。
だって、気分良く遊べないでしょ、フェスに行っても親が死んでたら。
それにここでもし間に合わなかったら一生後悔するだろうし。
ネットで最終便探して22時のJRで帰ることにした。
あとで聞いたら、同日の夜行バスだと台風の影響で迂回しなきゃならなかったらしくえらい時間がかかったって後輩が言ってたので、JRで正解だった。
行く前に事情を知る仲の良い友人に電話したけど繋がらなかったので、心細く思いながら明日TELすることにする。
最も古い付き合いの友人に電話した。
そいつ「親が倒れる前にちゃんと俺に連絡しろよ」って以前言ってくれたので。
がんばって堪えてたのに、状況を伝えたら「お前は大丈夫か」って真っ先に俺を心配してくれた。
堪えてたもんが一気にあふれ出て泣いてしまった。
ちょっと動揺し始めた。

みんなの読んで良かった!