精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑦仕事の時はバンダナ必須で、ぜったい外しませんという話。

1 / 3 ページ

前編: 精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑥その後眼鏡代は病院が負担してくれましたって話。
後編: 精神科で働いていた時の衝撃的事件簿⑧一瞬説教なのか愛の告白なのかわからなくなってしまった自分は自意識過剰だったなぁと後で反省した話。
すごい人を紹介します。
俺の職場の先輩、T沢さん。
同じ職場なので、もちろん看護師(男)です。
でも、頭は金髪モヒカンで、両サイドには刺青も入ってます。
英語でデストロイと・・・

※本人ではありませんが、まさしくこんな感じです。


その方ハードコアパンクバンドのボーカルをしていて、頭に限らず全身にタトゥーが施されていてます。
けど背中と太ももだけは大事にとってあるそうです。
そんなんだから職場では常にバンダナを巻いて決して外さず、夏でもTシャツ着れません。
そりゃそうだ。
一見怖そうなT沢さん、でも仕事の時はかなり良い仕事をします。
とっても厳しく、とっても優しい、いつもみんなを冷静な目で見て、熱く逞しい男です。
そんなT沢さんに憧れる部分も多いです。
はっきり言って超かっこいいです。
そんなT沢さんのライブに初めて行った時の話。
ハードコアパンクなのでちっちゃなライブスタジオで何組かやってたんだけど、その中でも異彩を放ってました。
T沢さんは自分の出番1時間前からすでに酔っ払ってました。
そんなんでライブとか大丈夫?とか思いながら遠巻きに様子を見ていたら、自分の出番が近づくにつれだんだん無口に、そして険しい表情になった行きました。

みんなの読んで良かった!