精神科で働いていた時の衝撃的事件簿⑧一瞬説教なのか愛の告白なのかわからなくなってしまった自分は自意識過剰だったなぁと後で反省した話。

前話: 精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑦仕事の時はバンダナ必須で、ぜったい外しませんという話。
次話: 精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑨あの先輩看護師と患者さんとの関係性だったからできたことでもあるけど、俺は怖くて出来ないなって話。

K松式男の見分け方




職場の同僚K松さん(35歳・独身女性)との夜勤はいつもとにかく面白い。


この方、患者と向き合う事を恐れない、とっても頼りになる先輩、人一倍涙もろく、人情家。

様々な病院で働いた経緯を持ち、訪問看護ステーションの所長までやったすごい人。


北海道に住んでみたいという動機だけで、高知からカバン一つでススキノに下宿しちゃったものすごい行動力。

いつもみんなを支え、叱咤激励してくれ、仲間としてこれほど頼りになる人はいません。


そんなk松さんはかなりの飲み人です。

若い時は浴びるように毎晩飲んで、毎日点滴打ってから仕事してたという伝説まであるそうです。

そんなK松さんと夜勤の休憩時間中、いきなり彼女は語り始めました。


K松さん
私は男の恋愛感を探る心理テストみたいな方法を独自に編み出したわ。
なんすかそれ?
相手と車の話をして、好みの車、なぜそれが好きか、今持ってる車、買い方などで相手の女性に対する好みや愛情の持ち方がわかる!
えー?!なんでー?まじっすかー??
男にとって車選びは女選びに近いもんがあるんだよ。女にとってはただの車だけど、男は違うんだよ。
へー、実際どんなの?
ただどの車が好きかではだめなんだ。それに付属する話をトータルに捉え、分析・推理するわけさ。
スポーツカーが好きだとチャライ女が好きだろー。格好綺麗だとなんでもいいんさー。
ちっちゃい車だとどっちかって言うと自分が相手を支配できる感じで、可愛い系がすきだろうさ。
へー、じゃあ車カスタムしたりすんのは?
愛情を持って大事にするからそういう男は好きだなー。
でも、車に金かけて女に金かけんやつもいるからなー、それはいかんなー。
後、ローンで買うやつは金銭感覚がすでに弱いから要注意、一括で払うヤツの方が家庭を持った時しっかりしてるだろう。
好きな車、欲しい車と今乗ってるのが違ったりころころ変えるのは、女にも妥協するヤツだ!
うわー、奥が深いっすねー。
詳しくは教えないけど、総合的に判断するわけさ。さりげない会話の中で。
それよりあんたこの話誰にも言うんでないよ、極秘なんだから。あんた口軽いっしょ!
大丈夫っすよー!言いませんって!
(でもネットには書いちゃうかも。)
しかし、さすがK松さんって感じですねー。じゃあ、車持ってないやつは?俺みたいにいらなーいって言って。
そうゆうやつは束縛を嫌うんだよ。だからだれでも良いんだ!女なら!!
(うわ!マジで当たってるかも…。コワ!)
イ、イヤ、だれでも良いわけではなく、俺の好みは女の子女の子した可愛い感じの子が好みですよ。
ハ~、あんたはわかってないねー、自分を。
あんたみたいなフラフラしているような奴には、あたしみたいなしっかりモンの姉さん女房が良いんだよ!!(怒)

まさかの説教タイムへと突入してしまったが、この時のK松さんの助言はその後の俺の心の中に深く刻み込まれ、結局後に俺が結婚した相手は2つ年上のしっかり者の姉さん女房でした。

恐るべしK松さん。


皆さんの旦那や彼氏はどんな車が好きですか?


続きのストーリーはこちら!

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑨あの先輩看護師と患者さんとの関係性だったからできたことでもあるけど、俺は怖くて出来ないなって話。

著者のTakai Reiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。