研究室の教授に「卒論書かないけど、卒論の単位ください」と言った結果 

1 / 2 ページ

その日は、この上なく緊張していた。


いつものように、最寄駅に向かう俺。
ただいつもと違うのは大学入学以来、こんなに考え込んで通学したことないだろって位、セリフを繰り返してた。
頭の中で、昨夜(正確には電車に乗る数時間前まで起きていた)考えたことをくり返す。一言一句、そして何パターンも。
電車に乗り、数分間下を向きながら、何度も何度も、繰り返した。


「?やけに今日は生足多いな」と思い

ふと顔を上げると・・・


ガヤガヤ・・・うわー気づいてないよー。いたーい。ってかバカじゃね?(時間帯的に通学の女子高生とバッティング)

・・・女性専用車両!!!!!

お、おります!!!!
思わず叫んだ。でも、降りられないんだって。もう出てるし電車。
・・・ひと駅分、ハーレムとは到底言い難い視線を浴びた。
そんな大ポカをやりながら、いつものように大学へ。
そして教授の部屋の前についた。

「いいんじゃない?だってそうしたいんでしょ?」


教授
「いいんじゃない?あげるよ、単位。」
「・・・えっ(#゚Д゚)いいんですか?」
教授
いいんじゃない?だってそうしたいんでしょ?
「そ、そうなんですけど、もっとこう、なんていうか、すったもんだというか、俺昨日、結構考えたんですよね先生を説得するにはどうしたらいいかとか。だか・・・」
教授
じゃあ辞めようか?
いや、お願いします!ありがとうございました(そそくさ逃げる)
えっ?いいのこんなに簡単で?あっけなく終わった。
そんな形で、卒論を書かなくても単位をもらえることになった、俺。
ちなみにどんな環境かというと・・・
・遺伝子系の研究室に所属
・一緒につるんでいたのは同じクラスで12人
そのうち俺含め3人が学部卒で就職。その他は院へ進学。院へ進むやつはもちろん、就職した奴らも卒論はもちろん、書く。
・修得単位のうち卒論単位がもらえるかもらえないかで、4年の比重が大分変わってくる。(取らない場合は一般科目で5科目取らないといけなかったはず)
つまり、院に行こうが、行かなかろうが、大学生活を終えるには卒論を書くというのが当たり前。(というか、どの大学でも大体そうだと思うのだが。)

そんな、”割と卒論が必要な”環境で、「卒論書かないで単位くれ」っていうこと自体おかしいし、万一(いやもちろん、もらうつもりでいたけど)OKをだしてもらうには相当あーだこーだ言い合うはず・・・と思っていたのだが・・・。
と思っていた所に教授出現。

教授
あ、いたいた。なんかただ単位上げるのも癪だから、今からいう3つのこと守って。
と言い放った教授。

教授からの3つの指令

みんなの読んで良かった!