母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑨

1 / 3 ページ

前話: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑧
次話: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑩

2003年9月5日 last 5 day

今日ようやく訪問入浴サービスが来てくれた。

男女の若い介護士2名と訪問看護ステーションから所長も来てくれ、すごく頼もしかった。



すげーよな、あれ。


リビングの母のベッドの横にでかい浴槽を持ってきて、注水と排水をいっぺんにやって、みんなでわさわさ洗ってくれる。

母はもう自力での身動きも困難なので、お任せ状態だった。


すごいのは所長がちゃんとお湯の温度と入っている時間をメモって、体力の消耗を計算していたことだ。

次回入る時今回の状態と照らし合わせて、より負担が少ないようにするためとのことだ。

「すごいですね、さすが所長」と伝えたら「ふつーだよ」と返されてしまった。

母は弱々しく小声で「サイコー・・・」と言っていた。


介護士さんが「その一言がとても励みになります、ありがとうございます」と丁寧に接してくれたことが嬉しかった。

また、所長から「エアーマットとはいえ、寝ている時間が長いからパジャマのしわ一本が苦痛になってくる」とのことで、早速教えられたようにシルクのパジャマを買ってきた。

シルクのパジャマは確かにしわが出来にくく、伸ばしやすい。

母も快適なようだった。

さすが所長。

入浴はおそらく体力の落ち方からして今回限りだと思うが、所長と施設長が相談してくれ、入浴料を介護保険適応にしてくれ1100円ですんだ。

まじですげーよ、所長。

それに驚いことに所長から「家族の死を迎えるに当たっての心構えとして」と言う小冊子を頂いた。

そこには、在宅で家族の死を看取るうえでこうした方がいいって内容や、がんのターミナル期に起こる心身の症状について優しく書いてあった。


読みやすく、「これ、すげーわかる!あるある」ってことが書かれていた。

「あ!あれそうだったんだ!」みたいな。

精神症状は結構出るもんだというのを読んで、少し気持ちが楽になったりもした。

そうなんだーと。



これは俺よりまず祖母に見せてやりたい。

心構えが必要なのは祖母だからなぁ。

それにしても世の中には色んなもんがあるんだなあと改めて勉強になった。

札幌に帰ったら職場のみんなに見せよー。

母の望むこと、可能な限り叶えてやりたいがそろそろ希望も言えなくなるのだろう。

段々すでに言葉では伝えきれなくなってる。

何を望んでるか俺自身が心で感じとることが必要になってくるのだろう。


できる限り汲み取って、安らかな時間を増やしてあげたい。

2003年9月6日 last 4 day

最近ずっと寝不足だ。

夜中におむつ交換をするため起きなくてはならないし、母の声に対してすぐに行ける様常に緊張してるせいか夜も眠りが浅い。

体がそわそわして寝付けない日も多い。


日中だるくて午睡したらますます夜は寝付けなくなってしまう。

困った、辛い。

昨日はついに朝まで徹夜してしまった。

しかも朝方も全然眠くならない。


母も休んでいたので早朝にコンビニにビールを買いに行って、一人で公園で飲んでたら身体がすっかり寒くなってしまった。

でも、静かな一人の時間として悪い感じではなかった。

結構好きかも。

今日午前中珍しく母から祖母に電話をした。

「そろそろ来てくれ」と。

祖母も勘が働いたようで、そろそろ行こうとしてたようだ。

祖母は恐ろしく勘が良いからなぁ。

実際来てくれたら俺もいくぶん助かった。

少しの間母を任せて安心して眠れたし。

著者のTakai Reiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。