母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑫ 別れ、そして支え

1 / 5 ページ

前編: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑪ その後
後編: 母を自宅で看取り天涯孤独になった瞬間の話。⑬ エピローグ 前編

2003年9月11日 parting and support

 
友人2人が深夜に帰った後、お通夜にも関わらず俺は一人になってしまった。
ゆっくり母と2人で最後を過ごしたかったという気持ちもあるが、俺は伝えたいことは生きてる時に伝えたと思う。

しばらく母の顔を見ていたら、寂しさがこみ上げ、函館にいる古い友人の一人に電話をした。


するとそいつは次の日仕事があるのにも関わらず、急いで家に駆けつけてくれ、朝まで話に付き合ってくれた。
今までの積もる話やこの一か月の話などいろんな話を黙って聞いてくれた。
本当にありがとう。

もし一人だったら寂しくて気持ちに押しつぶされていた。

それにお通夜なのに母を一人残し、眠ってしまうところだった。
感謝してもしきれないぐらいの恩をありがとう。
朝になり2日連続徹夜で、体がかなりだるい。
いや、2日だけではなく、ここ最近寝ていない気がする。
それでもやらねばならないことが山積みだった。
午前11時火葬の為出棺する。
家を離れる時だ。
葬儀屋はこの時も本当に丁寧に対応してくれ、気持ちが慰められる。
車までの移動中も決して棺おけを地面に置いたりせず、優しく丁寧に振動がないよう配慮しながら運び、車を発進する時も後片付けに残った職員の方は手を合わせてくれた。

一つ一つの動作に慰められる。

みんなの読んで良かった!