5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・後篇

2 / 4 ページ

前話: 5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

旅行へ


 数日後、家で漫画ばかり読む私を見かねた夫が、こう提案してきた。


俺、休み3日とるから、気晴らしに旅行でもいかないか?

 私たちは、新婚旅行にすら行っていなかった。

 夫がいうには、11月から派遣先の病院が変わり、そこの主任を務めることになったという。
 主任となると、本当に休めなくなるので、その前に行っておきたい、とのことだった。

ほら、俺、前に会社に頼んだからさ……給料あげてくれって。それが通ったみたいで……

 もちろん口には出さなかったが、正直、その場限りの話だと思っていた。
 本当に夫が行動に移していたのに驚いた。


 旅行先は、米沢になった。
 夫は、パチンコも含めて、「花の慶次」の大ファンだったのだ。
 前田慶次ゆかりの地を巡ってくれる観光タクシーがあったので、それを手配した。
 米沢は、ちょうど2009年から大河ドラマ「直江兼続」の舞台になることもあり、お祭りムードで盛り上がっていた。直江兼続は「花の慶次」にも登場するので、だいぶ先だけど楽しみだね、と話していた。

 さらに、海がみたいということで、松島にも足を運んだ。

 宿泊先の旅館から見える朝日は美しく、きっとこの先、どんなことも夫と乗り越えることができるだろうと感じた。

 次はもうひとつのゆかりの地である、金沢にも行こうね。そう約束して帰った。


 そしてそれが、最初で最後の夫との旅行になった。


17.職場復帰


 6週間後、私は職場復帰した。

 職場の人によく言われたのが、この3つだ。


1.不妊治療をしていたの?

2.世間では、4つ子や5つ子で生まれる子もテレビで見るのに、3つ子でも難しいんだね。

3.誰か一人でも助けてあげられなかったの?


 2については本当によく言われたが……おそらく、そういうのは、1卵生じゃなかったり、胎盤がきちんと分かれていたケースだったのだろう。

 3は……減数手術については、誰も提案してきた医者はいなかった。

 もしかしたら、胎盤がつながっているので、難しかったのかもしれない。

 ただ、矛盾している、と言われればそれまでだが、もし仮に私に医者が「減数手術」を勧めてきたとしても、私にはできなかっただろう。

 3人のうち、誰かを選び、誰かを見殺しにする、ということは……。


 復帰してすぐの検診では、T先生にも、

T医師
すっかり子宮も回復していますから、もう子どもを作ってもいいですよ。


 と、許可をもらった。


 しかし、あろうことが、私はその夜……泣いてしまったのだ。
 なぜ涙が出るのか、自分でも説明できなかった。

 子宮が回復しても、まだ心は回復していなかったのかもしれない。

 しかし、それを最後に、夫が私を求めてくることはなくなった。


 夫は新しい職場になり、勤務時間も延び、月に1度の休みもなくなってしまった。
 人手が足りず、朝ごはんに間に合わないからと、自宅に帰らずに、寝泊りすることも増えていった。

 地元に帰り、Mさんなど友人たちと、飲み会に行くこともなくなった。

 また夫は、時々私を職場の飲み会に同伴させることがあったが、それもなくなっていった。

 ちょうどその頃、勝間和代さんがブームになった。

 夫のいない休日を過ごす私は、すっかりカツマー化し、勝間和代さんにのめり込んだ。

 私もこの人のようなすごい女性になれば、夫も喜んでくれるだろうと考えた。

 本を全冊購入し、資格試験に精を出したり、セミナーや勉強会に参加したり、英会話に通いだしたりした。

 もっとも、動機が不純だったためか、その頃の投資で身についたものは、あまり多くはないけれど。


 また、私の手術を担当したT産婦人科からは、高齢を理由に、産科を閉鎖し、婦人科一本のクリニックに変わったという知らせが入った。


18.腎臓の病気を発症


 そのまま、1年以上が経過した。

 子供に関しては、ほしい気持ちはあったが、夫も「しんどい」「眠い」ばかりだし、もう少し時間が必要なのかもしれないと考えていた。

 夫が転職して、もう少し楽な仕事に就けば、そういった余裕も生まれてくるだろうと考えていた。

 それに、また同じことになったら……と思うと、怖くて踏み切れなかったのもある。

 気がかりだったのは、私の腎臓の事だった。

 私の子宮は回復したが……腎臓は一向に回復しなかった。

 潜血も、蛋白も、ずっと++のままだった。

 しかし、直接身体に痛み等何らかの症状が出ているわけではなかった。
 また、A医療センターの腎臓内科も定期的に受診していたが、「経過観察」と言われ、特になにもしていなかった。

 2009年の春、腎臓内科での主治医が若い女性に変わった。
 その医師に勧められて「腎生検」を受けることになった。
 腎臓に針を刺して腎臓の細胞を採取する検査だ。

 検査といっても手術にあたるため、保証人が2名必要になる。

 夫ともう一人……私は重い足取りで実家に行き、父親に、腎臓が回復していないので、検査が必要であり、保証人になってほしい旨を伝えた。

 母は、「なぜあんたばかりがそんな目に合うの?」と、また泣いてしまった。

 入院期間中、夫は一度もお見舞いに訪れなかった。

 代わりに、夫の両親が毎日お見舞いに来てくれた。


 そして、検査の結果、私についた病名は、「IgA腎症」というものだった。
 http://www.nanbyou.or.jp/entry/41 http://ja.wikipedia.org/wiki/IgA%E8%85%8E%E7%97%87

 しかも、「予後比較的不良群」である。
 これは「5年以上・20年以内に透析療法に移行する可能性があるもの」とされている。

 私の採取した腎細胞は、約3割がすでに壊死していたらしい。

 28歳の自分にとって、「20年以内に透析」というのは、重い宣告だった。

 そして私にとって、最も気がかりなこと……。

 それを、主治医にぶつける。


先生……私、子供が欲しいんです! 子供は作れるんですか!?
腎臓内科医
これから、扁桃腺を摘出し、ステロイドパルス両方を行います。1年間かけてステロイドを投与していきます。それが終わるまでは、なんとも言えません。
……少なくとも、ステロイドを投与されている間は、妊娠できないんですよね?
腎臓内科医
はい。胎児に何らかの影響を与える可能性があります。

 ステロイドパルス療法は、確立された治療法ではなく、万人に効果があるわけではないらしい。

 私に効果があるかどうかは、やってみないとわからない。

 時間の流れに任せてと考えていたものの、いざ、あと1年は作れないといわれると、結構つらいものがあった。


 そして腎機能が回復しなければ、妊娠中に透析開始、という可能性もありうるのだ。

 やはり、中絶すべきではなかったのだ。

 産婦人科の先生たちは何て言った?
 若いから、またやり直せるって、また妊娠できるって言わなかった?

 でも私は、もう子どもを産めないかもしれないのだ。

 もし無理に妊娠して、それで透析に移行したら? 子どもを育てられるの?

 罰が、あたったのかもしれない……。


IgA腎症とは


 誤解のないように記しておくが、けっして中絶が原因で、IgA腎症になったわけではない。

  たまたま、私がこのタイミング発症した、とのことだ。

 IgA腎症は原因がよくわかっていない病気である。

 また、男性の方が多いという。

 たとえばNPOで大学生の中退予防に取り組んでいる山本繁氏は、学生時代にIgA腎症が分かったと自著で告白している。

 https://twitter.com/npo_newvery/status/309299523220566016

 私の場合は、たまたま、妊娠がきっかけでIgA腎症が発覚した、ということだ。

 その頃、

Unknown
もしかしたら、子供たちが、お母さんの身体の危険を、知らせてくれたのかもしれないね。

 と、私に言ってくれた人がいる。誰かは忘れてしまったが。

 すごく身勝手な考え方なのかもしれないが、その言葉に少しだけ救われた。


 そして、その入院をきっかけに、今度は夫の「本当の気持ち」を、私は知ることになった。


19.夫の浮気


 入院の準備に明け暮れていたある日、夫が出勤前に、何か探し物をしていたらしく、カバンの中身をぶちまけた状態で、出て行った。

 私は整理しようとし、プリント類に挟まった、映画のチケットの半券を見つけた。

 それは、「余命一ヶ月の花嫁」のチケットだった。

 もともとアニメ以外ほとんどみない男性が一人、あるいは友人たちと観に行く映画とは、考えづらかった。

カタリエ3に投稿されたストーリーがついに書籍化!
(表紙画像からamazonに飛べます)

Katarie3 book

著者のm mさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。