モテる男はバレンタインには飲まれない



最近テレビをつけるたびに、

甘ったるい映像が流れている。

「あ、チョコ買わなきゃ・・・!」

と思わせるマスコミ誘導はさすがだ。

イケメン男子のチョコ自慢に、

可憐な乙女心を逆手に取ったラブラブロマンスを見るたびに、

『虎の目』の勢いでテレビを消すのが恒例になっているが、

スイーツ帝国、コンビニ帝国と

強力にタッグを組んだマスコミのゴリ押し報道は、

売れ残ったチョコが、

在庫処分セールされるまでおさまりそうにない。

国全体の雰囲気がチョコ一色になろうとも、

こんな時こそモテる男は冷静に対処してほしい。

当然ながら、

チョコを食べようが食べまいが、

好かれる人には好かれるし、その逆もしかり。

たかがチョコなんぞで、

モテる男の人生を変えられちゃあ

たまったもんじゃないのだ。

バレンタインの雰囲気なぞ気にもとめず、

モテる男なら高級ステーキでも回らない寿司でも水餃子でも蕎麦でもサムゲタンでも食ってればいいのだ。

もちろんモテる男である以上、

たくさんの義理チョコ、本命チョコをもらう事もあるだろう。

そこは満面の笑みで受け取り、

コメントを求められる事を想定して一口かじり、

あとはまとめてゴミ箱に捨てればいい。

それで大人のWIN-WINの関係は維持できる。

バレンタインのムードが収まる頃には、

チョコ食べ過ぎて血糖値が上昇しまくり、

血糖値を下げるために

すい臓からインシュリンが大量分泌され、

テンションダダ下がりになったへなチョコ男と、

モテる男の違いが鮮明になっていく。

一億総へなチョコ状態に陥る最中、

モテる男は華麗にスイーツ帝国からの刺客を跳ね除け、

『双龍門気功法』に取り組むことで、

黙々と自らの内臓の鍛錬にいそしむのだ。

PS.

『双龍門気功法』に既に取り組まれている方は、

本日はAコースに挑戦しよう。

● Aコース

・『木醒水舞~準備功~』 5分

・『タントウコウ』(壱、弐、参(左右)各5分、計20分)

・『明鏡止水~収功~』 5分

 (合計30分)

どうしても甘いものが食べたくなったら、

そっと目をつぶり、

『収功』のように気を落ち着かせ、

自分にとって本当に必要なのか、

今一度問うようにしたい。

■□■□■□■□

モテる男も活動中の肝臓腎臓強化部。

昼も夜もパワフルに活躍でき、

女性にはもちろん、

年齢・性別・仕事・趣味を超えてモテる男を共に目指そう。

参加人数は現在870名超え。

日々活発な意見交換がされている。

"元気があれば何でもできる"。

元気になりたいと望むなら、

ぜひ勇気をだして門をたたいてほしい。

http://souryumon.com

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。