第3話 絶対見てはいけないもの。【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

1 / 2 ページ

前編: 第2話 不思議な力【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】
後編: 第4話(前編)アフリカへ行く彼から学んだ"生きる"こと【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

人生を変えるのはいつも人との出会いだった。




しかも、え?漫画ですか?小説ですか?というくらい、分かりやすいオチつきの出会いがたまにやってくる。




その出会いが本当に人生の角度を思いっきり変えてしまうのだ。




この日の出会いも変わっていて、その日一日ずっと変な日だった。


もう路頭に迷っていた。



まずこの時の説明をすると、時間は2010年の夏頃で、東京で二回目の服の専門学校へ通っていた。



この時の私はもう路頭に迷いまくっていた。



高校を卒業して、服のデザイナーになるという夢を叶えるため、福岡の服飾の専門学校へ行ったあと、そこを卒業して、大阪で念願のデザイナーになった。




まだアシスタントだったけど、デザインの現場で働けるのはとても刺激的だった。




私はいつも、目標を立ててそれに向かって一直線に走るのが好きだった。




多分いつも足りない何かを追いかけていたんだと思う。




そしてたどり着ければとにかく幸せなんだと思っていた!




今回も小学校からずっと夢だった、服の仕事ができたんだ!これはとっても幸せなことだ....!のはずだった。



だけど、何か違った。



刺激的で楽しかったけど、どこかいつも充実感がなかった。



だけどなぜ充実感がないのか、そんなのさっぱり分からなかった。


バイト三昧の日々。


結局1年足らずで仕事をやめて、実家の大分に戻って1年間ガッツリバイトをした。



朝9時から夜7時まで電気屋さんへ



そのまま夜8時に居酒屋へ行き、



夜11時に15分ではや着替えをして裏の居酒屋へ行き朝5時まで働く。






電気屋さんでパソコンを買ったお兄ちゃんが、そのあと合コンで居酒屋を使い、二次会で裏の居酒屋に移動したとき、もうお互い爆笑だった。笑



20時間労働や27連勤なんてザラだった。




本当に必死だったんだと思う。




とにかく目標がなくなったんだ!次を探さないと!




何かを追いかけることが、私のアイデンティティのような、自分を証明する一部になっていたんだと思う。






それをなくすことがすごく怖かった。






それで1年間貯まったお金で、東京のもっと難しい服の学校に通い直すことにした。




で、それがまさに路頭に迷ってる今だった。

みんなの読んで良かった!

他4コメント
STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。